旅先でも毎日快腸でいたい!薬に頼らない旅先の便秘対策

つやプラ / 2019年8月4日 12時0分

夏の行楽シーズンに向けて、お出かけや旅行の予定を立てている方も多いのではないでしょうか。楽しい旅行ですが、「便秘に悩まされてしまう」という女性も少なくないはず。

エステティシャンの筆者が、旅行中に便秘になりやすい原因と対策をお伝えいたします。

■自律神経の乱れ

いつもと違う環境や緊張などで自律神経が乱れ、便秘になりやすくなることがあります。

活動的だったり緊張のある状態は、交感神経が優位になります。しかし、便が出やすくなるのはリラックスをしている副交感神経が優位な時です。

旅先で便秘になりやすい人はお酒をほどほどにし、夜寝る前に瞑想や深呼吸をしたりと、できるだけリラックスタイムを意識してみてください。アロマが好きな人は、リラックスできる香りを持って行ったりハーブティーなどに頼ることも良いですね。

■暴飲暴食

旅の楽しみの1つは、やはり美味しい食事ですよね。食べ過ぎや飲みすぎはNGといいたいところですが、なかなかむずかしいですよね。

同じ食事量でも、よく噛んでゆっくり食べたり、なるべく普段と同じ時間帯に食事をすることで身体の負担を減らしましょう。間接的ですが、便秘になりにくくすることができます。量をたくさん食べて満足するのではなく、ゆっくりと味わって、しっかり噛みしめて食を楽しんでください。

■水分不足

旅行中に意外と陥りやすいのが、水分不足です。移動中や観光に夢中になって、気がつけば水分をとり忘れていたり、お酒やコーヒー、ジュースなどの「水」以外の水分摂取が増えがちです。

水分の量が足りないと、便がカチカチになり便秘になりやすくなります。こまめに水分摂取をし、できればお水を飲むようにしてください。

夏や暑い場所はもちろんですが、涼しい時でも意外と汗をかいて身体は水分不足になっていることもありますよ。

便秘は不快感があり、肌やダイエットの敵なのでなるべくさけたいですよね。しかし、なるべく薬には頼りたくないという方もいると思います。

旅行中、少し行動を気をつけるだけでも便秘のなりやすさは変わっていきます。もちろん、薬ではないので速攻性があるわけではないですが、やって損はないはずです。旅行中、便秘になりやすいという方は、ぜひ気にとめてみてください。

(美容家・エステサロン&スクールSUHADA主宰 永松麻美
自身のニキビ・激太りから容姿コンプレックスに陥り根暗な10代を過ごす。綺麗になるためエステの道へ。「綺麗になる」を通し心や人間関係、人生まで前向きに変わって行く経験を人に伝えるため美容家として活動中。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング