敏感肌がシワの原因に?ディセンシアからシワ対策美容液登場

つやプラ / 2019年8月28日 21時30分

シワは多くの人の悩みのタネ。色々な対策を講じてもあなたのシワがなかなか改善されないのは、実は敏感肌であるために発生しやすい複合シワが原因かも?

そんな人に注目してほしい敏感肌用シワ改善美容液がこの秋、ポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」のエイジングケアシリーズ「アヤナス」より登場。敏感肌用で初となるシワ改善美容液「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」を2019年10月に公式発売し、9月4日に伊勢丹新宿店にて先行発売されます。※ 2019年7月現在。ミンテル社製品データベース内、ディセンシア調べ

■「DECENCIA」が解明した敏感肌特有の2層のシワとは?

肌のバリア機能が低下しやすい敏感肌。表情を動かすことなどによりできる表皮のシワ「面ジワ」と、肌内部での微弱炎症による真皮のシワ「線ジワ」の2層からなるシワが敏感肌特有の複合のシワを発生させ、肌印象を左右する原因となっていました。

2層のシワ

面ジワのメカニズム

「面ジワ」は表皮エリアのシワ。額や目の下などに現れる、浅く細かいけれど、しつこく残りやすいシワです。

表情変化などの顔の動きにより、しなやかさを失った硬化した角質が慢性的な微弱振動にさらされることで、角層折れが発生。表皮エリアに折れこみ、刻まれる細かなシワが「面ジワ」です。

この「面ジワ」は肌荒れやメーク崩れにも繋がります。

面ジワ

線ジワのメカニズム

「線ジワ」は真皮エリアのシワ。バリア機能が低下した敏感肌は、外部刺激の影響を受けやすいため、肌内部で微弱炎症が発生しやすくなります。

この微弱炎症はコラーゲンを破壊する酵素を増加させる原因となり、真皮エリアの「線ジワ」を誘発しやすくなります。

線ジワ

■2層のシワへアプローチする「ダブルリンクルレイヤー設計」

シワ改善美容液「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」は、「面ジワ」と「線ジワ」の2つのシワを改善するために、表皮と真皮の2層へアプローチする「ダブルリンクルレイヤー設計」を採用。

ダブルリンクルレイヤー設計

面ジワへは、硬化した角質を柔軟化させ速攻ハリ感を叶える表皮エリアのケアを行います。

線ジワへは、真皮のコラーゲン構造を立て直し、深いシワを改善する真皮エリアのケアを行います。

また2層同時にアプローチすることで、硬化し折れた角質に柔軟性を与えると同時に真皮コラーゲン産生に必要な有効成分をしっかり届けるための浸透ルートを確保し複合シワの改善を図ります。

アヤナス リンクルO/L コンセントレート

アヤナス リンクルO/L コンセントレート 医薬部外品〈敏感肌用オイル状美容液〉 30mL 6,500円(税抜)

敏感肌だから、とあきらめていたシワのこと。シワの原因と対策を知ったこれからは、少し希望が見えてきそうです。

(つやプラ編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング