秋の晩酌で健康的に!肌も喜ぶ「美容酒」のレシピ

つやプラ / 2019年9月17日 12時0分

1日頑張ったご褒美として、冷たいビールやワインは美味しいものですよね。ですが、どうせお酒をいただくなら、美と健康を促進するものを選んだほうがお得です。

自宅で簡単に作れる「美容酒」を定番にしてはいかがでしょうか?

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、大人女性にうれしい効果が期待できるレシピをご紹介します。

■美と健康にうれしい効果がいっぱい

自宅で材料を漬け込むだけでできる「美容酒」は、美と健康にうれしい効果が凝縮された滋養あふれる飲み物です。

疲労回復、美肌効果、腸活など、欲しい効果に合わせて作ると便利です。

■美味しいからと、飲み過ぎにはご注意

美容酒は、天然の食材の風味が溶け込んでいます。美味しいからと、くれぐれも飲み過ぎにはご注意ください。

1日に盃1~2杯を限度にします。ミネラルウォーターや炭酸水、お湯で割っていただくのがおすすめです。

■「美容酒」のレシピ4つ

(1)疲労回復、冷えとりにおすすめの「なつめ酒」

冷えや疲れを和らげる効果のある「なつめの実」を使った美容酒です。緊張を緩和し、精神を安定させる効果も期待できます。

材料(作りやすい分量)

・なつめの実 600g

・砂糖 500g

・ホワイトリカー 1,800ml

作り方

材料すべてをガラス瓶に入れ、冷暗所で1か月ほど置けば完成です。

(2)美肌効果、デトックス効果を狙いたいなら「ハトムギ酒」

肌の細胞の生まれ変わりを助ける作用を持つ「ハトムギ」は、老廃物の排出にもひと役買います。

材料(作りやすい分量)

・ハトムギ 250g

・ホワイトリカー 1,800ml

作り方

(1)ハトムギを、きつね色になるまで乾煎りします。

(2)(1)の粗熱がとれたらガラス瓶にホワイトリカーと一緒に入れ、冷暗所で1か月ほど置きます。

(3)1か月たったら、ガーゼなどで漉して完成です。

(3)しっとりと潤う肌のためにとりたい「くるみ酒」

くるみに含まれている「α-リノレン酸」が肌の保湿力を高め、肌質の改善に役立ちます。

材料(作りやすい分量)

・くるみ 300g

・砂糖 500g

・ホワイトリカー 1,800ml

作り方

ガラス瓶にくるみとホワイトリカーを入れ、冷暗所で1か月ほど置けば完成です。

(4)腸活をはじめ、美肌・美白効果も期待出来る「アロエ酒」

「アロエ」は腸内の水分量を増やすことで、腸内環境を改善します。さらに、肌のターンオーバーを整える効果も期待できます。

材料(作りやすい分量)

・アロエの葉 350g

・砂糖 500g

・ホワイトリカー 1,800ml

作り方

(1)アロエは水洗いしてよくふきとり、2cm程度に切っておきます。

(2)ガラス瓶に(1)と砂糖、ホワイトリカーを入れ、冷暗所で2か月ほど置けば完成です。

お酒は酔うために飲むものではなく、「リラックスするためと、美しくなるために美味しくいただく」という姿勢でありたいものです。つややかな肌や穏やかなメンタルに役立つ美容酒を、これからの秋の夜長にどうぞお楽しみください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング