温活&ダイエットにも◎冷え対策に飲みたい「お茶」まとめ

つやプラ / 2019年11月13日 12時0分

写真

日中は日差しが暖かく感じても、朝晩はずいぶん冷えるようになりましたね。そろそろ手足の冷えを感じている方も多いのではないでしょうか。

身体が冷えていると、身体が強張って首や肩こりの一因となったり、寝つきが悪くなったり、不調を引き起こす原因となります。寒くなるこれからの季節は、身体を温めるお茶を飲んでみましょう。

健康と美容に役立つ食スタイルを提案して16年の美養フードクリエイターである筆者が、冷え対策になるお茶をまとめてご紹介します。

■そろそろ始めよう!冷え対策になるお茶まとめ

(1)ジンジャーティー

冷え対策になるお茶まとめ (1)ジンジャーティー

冷え対策といえばショウガですよね。生のショウガを加熱・乾燥して作られたジンジャーティーには、脂肪を燃焼させてエネルギーを作りだし、身体を内側から温める働きのあるショウガオールが多く含まれています。東洋医学でも、加熱・乾燥したショウガは乾姜といわれ、胃腸を刺激して内臓を温める食材に分類されています。

身体が芯から冷えると感じる方はもちろん、ダイエットが気になる方にもおすすめのお茶です。

(2)ルイボスティー

冷え対策になるお茶まとめ (2)ルイボスティー

ルイボスティーは、ゴースト血管と呼ばれる末梢血管の健康に役立つことがわかっています。

血液は、酸素と栄養を細胞に届ける働きのほか、熱を届けるという役割も担っています。毛細血管が丈夫になることで、手足などの末梢部にも血液が届き、冷えの改善に役立ちます。

(3)紅茶

冷え対策になるお茶まとめ (3)紅茶

紅茶の赤色色素の一つであるテアフラビンと呼ばれるカテキンには、血液中のコレステロールのバランスを調えて、血液をサラサラにたもつ働きがあります。

血液がサラサラであれば、おのずと流れもスムーズになり、末梢部までしっかり血液の流れる巡りのよい身体作りに役立ちます。

(4)抹茶

冷え対策になるお茶まとめ (4)抹茶

緑茶のうま味成分であるテアニンには、筋肉の緊張をほぐして血流をスムーズにする働きがあります。テアニンは、茶葉をすりおろして飲む抹茶に一番多く含まれています。

気持ちをリラックスさせる働きもありますから、「手足が冷えて眠れない」という方にもおすすめです。

(5)黒豆茶

冷え対策になるお茶まとめ (5)黒豆茶

黒豆の黒色色素であるポリフェノールには、さまざまな効能が期待されていますが、その一つに血流の改善があります。また、内臓脂肪を減らす働きもあるといわれていますので、ジンジャーティーと同様にダイエットが気になる方にもおすすめです。

冷えは万病の元ともいわれます。寒くなるこれからの季節、身体を温めるお茶を習慣にして、冷え知らずで過ごしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング