急なお呼ばれでも慌てない!臭わない足になれるフットケア

つやプラ / 2020年1月17日 20時30分

写真

急な予定変更などで靴を脱ぐ場合、足の臭いを心配することはありませんか? 足の臭いケアを怠ると、自分が恥ずかしいだけではなく、相手を不快にさせてしまうこともあります。

コスメコンシェルジュの筆者が、簡単にできるのでつづけやすい「足の臭いケア法」をご紹介します。

■臭いの原因

足の臭いは、常在菌の繁殖が原因といわれています。常在菌なので通常だと悪影響を与えることはありませんが、足の角質をエサにしているため、「角質がたまる」「足が蒸れる」などの条件がそろうと、菌が大量に発生して臭いを放ちます。

臭いを断つには、日ごろからのケアが大切です。

■簡単にできる足の臭いケア法

洗い方

お風呂に入った後も足が臭う場合は、しっかりと洗えていない可能性があります。毎日、足全体を洗っていても、足の指と指の間や爪のまわりまで丁寧に洗っていないと、お風呂後でも臭いがしてしまいます。

特に、爪の溝は汚れが溜まりやすく、洗いにくいパーツです。毛先がやわらかいタイプの歯ブラシを使って溝をこすると、簡単に汚れをかき出すことができます。

足を清潔に保つことが大切

足の爪が伸びっぱなしになっていたり、フットネイルを長い間放置してはいませんか?

足の爪は冬になると目立ちませんが、常に短く清潔に整えておくことが大切です。

角質ケア

足の角質状態がひどくなければ、角質ケアはセルフでも可能です。

週に1~2度、スクラブでマッサージをしながら角質オフしましょう。かかとなどが少し硬いようなら、電動リムーバーを使ってやさしく除去します。

もしも、頑固でごちごちとした角質になってしまったら、プロの手を借りて一度きれいにしてもらいましょう。

デオドラント用品に頼る

足の臭い対策用のアイテムは、たくさんの種類が発売されています。そのため、どれをどの順番で使うのかわからないという声も聞きます。

足を洗った後にまず使うのは、クリームやジェル状の塗りこむタイプが良いでしょう。じっくりと長い時間をかけて有効成分が浸透するため、高い効果が期待できます。

スプレータイプならタイツの上からでも使えるので、出先でも臭い対策をすることができます。

靴のケア

忘れてはいけないのが、靴のお手入れです。いくら肌を清潔にしていても、靴に臭いがこもっていたら台無しです。

一日履いた靴は湿気で蒸れているため、「同じ靴を毎日履かない」「靴用の乾燥材などを入れる」「天気のいい日には靴を天日干しする」などのことを心がけましょう。

冬は、暑い時期と同じくらいに足の臭いが気になる季節です。日ごろからまめにケアをして、急なお呼ばれでも躊躇なく靴を脱げるようにしておきましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング