これでまとまる髪!プロ直伝の「正解ケア&簡単ブロー」

つやプラ / 2015年6月29日 21時0分

梅雨ともなると、「せっかく念入りにブローした髪が、気付いたら広がっている!」なんてガッカリも常ですよね。そんな悩みを解消するヘアケアとブローによる対策方法について、30代・40代女性のヘアのお悩みのプロフェッショナル、「NEUTRAL produced by GARDEN」副店長の大坪亜紀子さんに教えていただきました。

■アウトバストリートメントの選び方

髪の毛が硬くて乾燥している、という方はクリーム、細めの毛の方はオイルがおすすめだそう。
「まだまだべたつくという印象をお持ちの人が多いと思われるヘアオイルですが、表面をコーティングして艶を出してくれるんです。実はクリームタイプのほうが重めに、仕上がるんですよ」

オイルでも、軽いものから重めのものまで、種類は様々。いろいろ試してお気に入りを見つけるのも楽しそう!

0622LAR1

しっかりとした使い心地や仕上がりが好みの方は試してみたい、クリームタイプのトリートメント。

0622LAR2

■アウトバストリートメントの効果的な使い方・塗り方

1.タイミングは「タオルドライの後」

「タオルドライの後の濡れているときのほうが浸透します。めんどくさがらず、前後左右などパートで分けましょう」

2.毛先だけ塗ってもダメ!

「手のひらに伸ばしたら、内側から手ぐしをしながらつけましょう。根元は避けてOKですが、毛先だけではなく中間から毛先にかけて伸ばすのがポイントです」

0622LAR3

3.外側だけでなく内側も忘れずに

うっかり外側にばかり塗ってしまいがちなトリートメントは、内側からも外側からも、均等にコーティングすることがポイントとのこと。
「内側にもきちんとつけられていない方が多いんです。髪をブロッキングしてから塗った方がいいのはそのため。
塗った後はブラッシングをして、なじませます」

■広がりやクセが現れるメカニズム

広がり・うねりの原因

「朝起きて広がりやうねりが気になる場合は、髪に残っている水分が原因のことが多いです」と大坪さん。寝る前のブローで、髪をきちんと乾かせていない人がそれだけ多いということなのかもしれません。寝起きの広がりやクセが気になるなら、十分すぎるくらい念入りにブローしてみてはいかがでしょうか。

毛先だけ整えてもダメ!重要なのは「根本の方向」

ストレートにしようと毛先の動きだけ整えても、根本の方向が揃っていなければ、必ず後から広がったり、うねったりしてしまいます! 乾いた髪を根本から整えるのは難しいので、寝起きのブローは必ず根本を濡らしてから行いましょう。夜眠る前に髪に水分を残さず、しっかりと乾かしておくことも大切です」

■ブローの仕方・方法

1.まずは「細い髪」から

「クセのある人は、顔周りの細い毛など、内側から出てきてしまうことが多いです。前髪と顔周りの細い毛から乾かしていきましょう」

2.根本から前側に「引っ張りながら」ブロー

「根本から前に向かって髪を引っ張りながら、根本からブローしましょう」

0622LAR4

「キューティクルの方向が揃うと、ツヤも出ますよ。後ろの毛も前に向けて引っ張れば、ボリュームダウンに」

0622LAR5

いかがでしたか? 広がりやクセが気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。
(LAR編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング