トマトジュースで代謝アップ!?冷えない身体を作る飲み方

つやプラ / 2020年3月28日 12時0分

写真

あたたかい日もあれば冬のように寒い日も多い季節ですね。万病のもとともいわれている「冷え」は、キレイと健康の大敵でもあります。

そんな時期も、美と健康のために身体の中に直接入る飲み物や食事を工夫したいですよね。

ベジ活アドバイザーの筆者が、美容食材としてもおすすめのトマトジュースを使った「ホットトマトジュースの作り方」をご紹介します。

■キレイと健康に役立つ「トマトジュース」

加工品であるトマトジュースには、生のトマトよりも多くの「リコピン」が含まれています。トマトに含まれるリコピンには、むくみ改善や善玉コレステロールの増加、紫外線によって暗くなった肌の色調回復など、さまざまな働きが期待されています。

脂溶性であるリコピンは油との相性がよく、一緒に調理することによってさらにリコピンの吸収率を高めることができます。カゴメの研究によると、リコピンはオリーブオイルと一緒に摂った時が一番吸収率が高いそうです。

また、近年の研究では、トマトジュースから「13-oxo-ODA」というエネルギー代謝亢進に役立つ機能性成分が多く発見されています。無理なく日常で活用したいですね。

■代謝UPを助ける!?ホットトマトジュースの作り方

冷え改善には、冷えたものよりもあたたかいものを飲むことが大切です。代謝UPを助けるショウガを入れて、冷えにくい身体作りをしましょう。

お好みですが、トマトジュースに牛乳を入れてあたためても美味しいですよ。よかったら試してみてくださいね。

材料(1人分)

・トマトジュース(無塩のもの) 200ml

・ショウガ 適宜

・オリーブオイル 小さじ1

作り方

トマトジュースを耐熱カップに入れ、すりおろしたショウガとオリーブオイルを入れて600Wの電子レンジで1分〜1分30秒加熱したら完成です。

春でも寒さを感じる日は、ホットトマトジュースを作ってみてください。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング