縮毛矯正並にまとまる!?梅雨の広がる髪に使いたいヘアケア

つやプラ / 2020年6月29日 21時30分

写真

梅雨時期から夏にかけては、湿気によって髪が広がったりうねったりしやすいですよね。日本人女性の多くは、初夏から夏のヘアスタイリングにとても苦戦していると思います。

ヘアライター&ヘアジャーナリストの筆者が、梅雨におすすめしたい「クセ毛お直しシャンプー」をご紹介します。

■梅雨時期に髪が広がるのはなぜ?

髪は、もともと湿気の影響をとても受けやすいものです。

特に、ダメージを抱えた髪は内部の水分が少なく、キューティクルが傷ついてめくれ上がっています。その隙間から外気の水分をどんどん吸い込み、広がりやクセを誘発します。

「最近になって髪の質が変わった気がする」という人は、エイジングによる細毛が影響しているかもしれません。「細毛」や「ネコ毛」と呼ばれるハリやコシのない髪は、内側の水分量が少なく、湿気の多い夏は空気中の水分を吸収してしまうため、普段以上に髪がうねりやすくなります。

■クセ毛お直しシャンプーを活用

梅雨時期のお悩みから「この時期だけ縮毛矯正をする」という方も多くいますが、白髪染めがマストとなるアラフォー世代は、ダメージを考えると、パーマとカラーのダブル施術をさけたいところです。

そこでおすすめしたいのが「クセ毛お直しシャンプー」です。クセ毛を落ち着かせ、髪にまとまり感を与えてくれるシャンプー・トリートメントのメカニズムはブランドによりそれぞれですが、大きく分けて3つのポイントがあります。

(1)保湿成分がクセ毛特有の水分の偏りをケアし、水分を均一に保つ。

(2)キューティクルの乱れを改善し、外気の水分を侵入させない。

(3)髪にハリとコシを与え、ゆがみを改善する。

このような働きにより、広がりやうねりを整えてくれます。

ストレートリペアシャンプー/ストレートリペアトリートメント/ハーズ

加齢による髪のうねり、クセの改善に特化したシャンプー。まるでストレートパーマをかけたような、まっすぐで美しい髪になると話題です。

ストレートリペアシャンプー/トリートメント/ハーズ

画像左の「ストレートリペアシャンプー」と画像右の「ストレートリペアトリートメント」を使って、髪の広がりやうねりをどこまで抑えることができるのか検証してみました。

こちらの画像がBEFOREの状態です。中間部分にうねりが強く、毛先にはダメージもあるため広がっています

こちらの画像がシャンプー・トリートメント前の状態です。中間部分にうねりが強く、毛先にはダメージもあるため広がっています。

こちらの画像がシャンプー・トリートメント後にドライヤーで乾かした状態です

こちらの画像がシャンプー・トリートメント後にドライヤーで乾かした状態です。

まるで、ストレートアイロンを使用したかのようなまとまり感がわかると思います。髪質もやわらかく、サラサラとしたように感じます。
(ストレートリペアシャンプー 300ml 税抜価格5,000円/ストレートリペアトリートメント/300g 税抜価格5,000円)

アクアヴィア シャンプー/アクアヴィア ヘアトリートメント/オージュア

アクアヴィア シャンプー/アクアヴィア ヘアトリートメント/オージュア

髪の水分を均一にしながら洗い上げ、シャンプー後のトリートメントでまとまり感のある髪に導きます。上質で扱いやすい大人髪が叶うと話題のアイテムです。

筆者が使ってみたところ、暴れた毛先が収まりよくなり、扱いやすい髪に変化したと感じました。
画像左:アクアヴィア シャンプー(250ml 税抜価格2,800円 500ml 税抜価格4,200円 1L 税抜価格6,300円)
画像右:アクアヴィア ヘアトリートメント(250g 税抜価格3,800円 500g 税抜価格5,700円 1kg 税抜価格8,600円)

N. シアシャンプー/ナプラ

N. シアシャンプー/ナプラ

シアバター由来のシャンプーは、うるおい力が抜群です。頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れを包み込んで浮き上がらせ、指通りの良い髪へ導きます。

筆者は、洗髪中も潤い感があり、ドライ後は髪表面のうねりが落ち着いた印象になったと感じました。
(全2種 300ml 税抜価格2,800円 750ml 税抜価格5,400円)

毎日使うシャンプー・トリートメントで、梅雨から夏にかけての髪ストレスを上手にコントロールしていきましょう。

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング