うねりもぺたんこもパーマが解決!大人可愛いパーマの秘訣

つやプラ / 2020年10月22日 21時30分

写真

年齢を重ねると、女性の髪はうねりやすい傾向があります。加齢による影響だけではなく、湿気や汗、乾燥によっても髪が広がったりクセが目立ったりして、扱いにくいと感じることが多くなりますよね。

また、反対にシルエットがペタンとして悩む人もいらっしゃるでしょう。クセ毛や広がり対策にはストレートパーマをかける人も多いようですが、大人女性のストレートは人によっては地味になりやすく、動きや空気感がないと老けて見える場合もあります。

そこで最近増えているのは、クセや広がりを逆手にとった「ゆれ感のあるふんわりパーマスタイル」です。ヘアジャーナリストの筆者が、大人髪をフェミニンに彩るパーマスタイルを成功させるポイントをご紹介します。

■大人パーマのメリット

今や、パーマの選択肢も数多く登場していますよね。

デジタルパーマやエアウェーブ、コスメパーマなど、髪質やなりたいシルエットに合わせてあらゆるタイプのカールやウェーブが叶います。

かしこくとり入れれば、面倒なヘアアイロンやクルクルドライヤーも必要なく、今っぽいエアリーなヘアが手に入ります。

代表的なパーマ法の特徴を以下に簡単にまとめました。

デジタルパーマ

一般的なパーマに特殊な熱加工を加えたパーマ。再現性と持続性にすぐれ、別名「形状記憶パーマ」と呼ばれるほどで、“もち”を優先する方に向いています。

大きい形状のパーマや毛先だけワンカールをプラスしたい方に最適です。

エアウェーブ

エアウェーブというマシーンを使いながら行うパーマ法で、無造作なゆれ感のあるスタイルにしたい方におすすめです。

また、「外国人風」といわれるクセ毛っぽいルーズなパーマも作ることができます。パーマがかかりにくい方でも形状をキープしやすいといわれており、ダメージが少ないというところも特徴です。

コスメパーマ

化粧品登録された薬剤で、髪にやさしく、ダメージが少ない点がメリット。「パーマはかけたいけれど、髪の傷みが気になる」という方におすすめです。

半面、リッジ(ウェーブの山の部分)のはっきりしたパーマをしたい人には不向きでしょう。ダメージを抑えながら、ゆるめのナチュラルパーマをかけることができます。

■「ゆれ感のあるふんわりパーマスタイル」とは

空気感をはらんだカールは、ほぼノンブローでOK。そのうえ、まとめ髪にするとゆれ感のある後れ毛がハラりとうまれて、女っぽい表情を作ってくれます。もちろん、ぺたんこ髪さんにもおすすめです。

「パーマスタイルは勇気がいる」という方も少なくありませんよね。実は、大人のパーマスタイルを成功させるにはいくつかのポイントがります。

■大人パーマを絶対成功に導くルール6つ

「パーマにしてよかった!」と満足できるポイントについてお話します。

アラサー女性なら、「前髪短め×パーマ」「黒髪×スパイラル」なども個性的な魅力を生みますが、40代以降の女性の場合、パーマスタイルは個性ではなく、“女っぽさ”を引き上げる武器としてとり入れましょう。

(1)前髪は長めに

前髪は長めに

前髪が短いと、その部分だけのっぺりみえる場合もあります。

前髪は長めにしてゆるいS字のカールやボディパーマを加えると、アンバランス感から脱却できます。華やかさと色気が加わるうえ、カール感で顔回りをカバーできるので、小顔効果も狙えます。

画像のように長め前髪と合わせればこなれ感もアップし、輪郭も適度に隠れてニュアンスもつけやすいですよ。

(2)黒髪パーマは重く見えるのでNG

黒髪パーマは重く見えるのでNG

髪が弱くなってきた世代の方が黒髪×パーマをすると、アホ毛が目立って清潔感にかけやすいという落とし穴があります。地毛よりやや明るくしたブラウン系でもいいですし、透明感のあるピンクブラウンやベージュ色に挑戦すると、垢ぬけ感がアップします。

画像は、肌もきれいに見えるナチュラルなベージュカラーです。

(3)暖色やベージュをチョイス

暖色やベージュをチョイス

黒髪ではミスマッチですが、ただ色をリフトアップすればいいというわけでもありません。

例えば、明るすぎるオレンジは派手な印象になりやすく、上品さにかけます。また、明るいアッシュ系も大人の肌には合わず、清潔感を失いやすいです。

パーマヘアなら、ピンクやレッド、ブラウンオレンジなどの暖色系や、透明感のあるベージュやグレージュ色を選ぶと、全体的にフェミニンで上品な印象に仕上がります。

画像は、グレーベージュカラーで透け感を演出しています。一気にこなれた雰囲気になりますよね。

落ち着いた色が希望なら、こちらの画像のように、ほんのりあたたかみのあるショコラグレージュにしてみてください

落ち着いた色が希望なら、こちらの画像のようにほんのりあたたかみのあるショコラグレージュにしてみてください。

(4)毛量をすき過ぎると貧相に

毛量をすき過ぎると貧相に

大人髪の場合、ある程度髪に厚みを残してパーマをかけるほうが無難です。毛量や広がりばかりを気にして髪をすき過ぎてしまうと、逆にペラペラ感とダメージが目立ってしまいます。

大人髪に絶対的なツヤを残すためにもすき過ぎないようにし、ふんわり感とベストなボリューム感を残しましょう。

画像のように裾に毛量を残せば、ツヤとエレガントさをキープできます。

中間から毛先の大きめカールで、大人ヘルシーな印象にすることもできます

中間から毛先の大きめカールで、大人ヘルシーな印象にすることもできます。

(5)横顔シルエットを意識する

横顔シルエットを意識する

正面からはふんわり見えても、後頭部がペタンと潰れていては台無しです。パーマスタイルだからと安心せず、スタイリングの際はトップと後頭部のボリュームをきちんと出すように意識しましょう。

あまりにもこの部分の立ち上がりが弱い場合は、部分的にやや短くカットしてからパーマをかけると、弱った髪でもパーマの立ち上がりがつきやすいので、美容師さんに相談してみてください。

画像のようなショートスタイルも、根元から立ち上がるパーマを足すと、ふんわりとして大人きれいなシルエットに仕上がります。

(6)必ずスタイリング剤を使用する

必ずスタイリング剤を使用する

スタイリング剤を使用しないと、ふわふわとしたアホ毛が目立ちやすくなります。大人世代の場合、よりずぼらっぽく見えたり、広がりばかりが際立ってしまう場合もあります。

髪の質感は今っぽさを表現する大切なツール。クリームやオイルで束感をしっかり強調することでメリハリが生まれ、顔立ちも引き締まって見えます。

画像のように、カールの毛束感が際立つだけで、今っぽい表情になります。

アラフォー前後の女性は、年々髪が細くなったりクセが出やすくなったりするなど、新たな髪悩みが出現しやすい世代です。ですが、華やかさと今っぽさが演出できるパーマを味方につければ、‟大人可愛い”も‟大人きれい”も意外と簡単に叶うものです。あなたにぴったりのヘアデザインを、ぜひ見つけてくださいね。

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング