3アイテムできちんと顔!10分でできるご近所マスクメイク

つやプラ / 2020年10月28日 19時30分

写真

マスクを着ける生活があたりまえになりましたが、私たち女性を悩ませるのは「ご近所メイク」ではないでしょうか。

仕事やお出かけの時はきちんとメイクをしていても、お休みの日に買い物だけ行く、子どもの用事に顔を出すだけのような軽い用事の時は、ほんの少し手抜きをしたくなるものです。

コスメコンシェルジュの筆者が、3アイテムできちんと感を出すメイクをご紹介します。

■マスクから見えている部分さえメイクしておけばOK

毎日メイクをしていると、いくら好きなメイクでも義務のように感じることがあります。お休みの日やちょっと億劫かなという日は、手抜きメイクをしてみませんか?

人前でマスクをとらない日なら、マスクから見えている部分さえメイクしておけばOKです。スキンケア込みで、トータルで10分もかからないテクニックをおすすめアイテムとともにご紹介します。

■手抜きマスクメイク

マスクを外さない日なら、ファンデーションを省いても良いでしょう。トーンアップ効果がある下地を使えばファンデーションを塗らなくても顔色が明るく見えます。

ベースメイクは軽やかに

24 ミネラルUVルミナイザー/24h cosme

ベースメイクは軽やかに

こちらの下地は、肌をきれいに見せてくれるベージュカラーです。スキンケア後に下地として塗るだけでツヤ肌を叶えます。

こちらの下地は、肌をきれいに見せてくれるベージュカラーです。スキンケア後に下地として塗るだけでツヤ肌を叶えます

光の反射による効果でシミが目立たなくなるため、近所へのお出かけならファンデーションを塗らなくても対応できます

光の反射による効果でシミが目立たなくなるため、近所へのお出かけならファンデーションを塗らなくても対応できます。

天然由来成分で作られているので石鹸オフが可能です。クレンジングなどによる乾燥が気になるつやプラ世代にはうれしいポイントです。
(20ml SPF50+ PA++++ 税抜価格2,800円)

目のフレームはハッキリと

アイメイクを何もしないでいると、顔がなんとなく寂しい印象になります。かといって、アイシャドウを塗った途端、目周りのバランスがとりづらくなり、ビューラーにマスカラ、アイラインとフルアイメイクをすることになってしまうことはありませんか?

簡単に目力UPを叶えてくれるアイテムが「カラーライナー」です。カラーライナーで目の周りをくるっと囲んで強調すると、しっかりメイクをしている感を出すことができます。

1DAY TATTOO プロキャスト ザ・アイライナー LG ラテグレージュ 04 アズキ/K-パレット

1DAY TATTOO プロキャスト ザ・アイライナー LG ラテグレージュ 04 アズキ/K-パレット

筆者は奥二重でラインを太く描くと二重幅が狭く感じてしまうため、リキッドライナーを使っています。リキッドはペンシルよりも繊細に描けるので、まぶたがゆるみがちなつやプラ世代におすすめです。

カラーは悪目立ちせずに洒落っ気を出す「グレージュ」や「ボルドー」を使いましょう

カラーは悪目立ちせずに洒落っ気を出す「グレージュ」や「ボルドー」を使いましょう。グレージュはふんわりとした目元に、ボルドーはお洒落な雰囲気に仕上がります。

こちらのカラーライナーは適度なコシのある筆先で、にじみにくく落としやすい、とても使いやすいカラーライナーです。
(全6色内限定色2色 税抜価格1,500円)

眉毛はナチュラルに

リキッドアイブロウ/アンドビー

リキッドアイブロウ/アンドビー

眉毛は自毛を生かしてナチュラルに仕上げると、グッドバランスに仕上がります。自分の眉毛の色に合うアイブロウアイテムを使い、毛流れに沿って描いていきましょう。

画像2のパウダーをふんわりと乗せたあと足りない部分を画像1のリキッドで描けば、手早く自然な眉毛が完成します

画像2のパウダーをふんわりと乗せたあと足りない部分を画像1のリキッドで描けば、手早く自然な眉毛が完成します。

パウダーにはワックス成分が含まれていて汗や皮脂に強いので、蒸れやすいマスク着用時でも安心です。少し濃い目カラーのリキッドが、眉毛を適度に引き締めて見せてくれます。

眉毛がしっかりと生えている人は、アイブロウマスカラのみで仕上げても良いでしょう。しかし、あまり明るい色を使うと、一昔前の眉毛になるので注意してください。

筆者は眉毛がほどほどにしか生えておらず、複数のアイテムを出したりしまったりするのが億劫なので、ダブルエンドタイプのアイブロウアイテムを愛用しています。
(全2色 税抜価格1,400円)

ほんの少しメイクを手抜きしても、アイテムを選べばきちんと感は出せるものです。マスクをとる必要がない日は、時短ときれいを同時に叶えられる簡単メイクをして出かけましょう。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛 登志子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング