血行不良は老けの元!?血行を良くするために摂りたい栄養素

つやプラ / 2020年12月3日 20時30分

写真

顔色が悪かったり肌がくすんでいて、実年齢よりも老けて見えることにお悩みの女性は多いのではないでしょうか? その老け見えは、「血液の流れ」が原因になっているかもしれません。

管理栄養士の筆者が、血液の流れを良くする栄養素を4つご紹介します。

■老け見えは血行不良が原因!?

血液の流れが悪いと肌の細胞に栄養が行き渡りにくく、ターンオーバーが乱れやすくなります。そうすると、くすみや乾燥、シミ、シワなどの肌トラブルを招く原因につながります。

また、髪にも十分な栄養が行き渡らないと薄毛の原因につながり、さらに老けて見えやすくなります。

さらに、血液の流れが悪いと身体が冷えやすいうえ、代謝が悪くなると痩せにくくなってしまうなど、美容面や健康面ともにさまざまな悪影響があります。血液の流れを良くするために運動やマッサージも良いのですが、まずは毎日の食事で対策をしてみてください。

■血液の流れを良くする栄養素4選

(1)DHA・EPA

魚の油などに含まれる「DHA(ドコサヘキサエン酸)」と「EPA(エイコサペンタエン酸)」は、血管壁の細胞膜を柔らかくしたり、血栓を作りにくくすることで血液をサラサラにする働きがあります。マグロやさんま、戻り鰹などの魚に多く含まれるので、日頃から魚を意識して食べるようにしましょう。

焼く・揚げるなどの調理法によって魚からDHAやEPAが流出してしまうので、汁物などの煮汁と一緒に食べられる調理法がおすすめです。また、魚の缶詰や刺し身は効率よくDHAやEPAを摂取でき、時短料理にもなります。

(2)鉄

鉄は、身体の細胞に酸素などを運ぶ赤血球を構成する栄養素です。身体のすみずみにまで酸素が行き届かないと、肌や髪の新陳代謝が遅れやすくなり、老け見えの原因につながります。

鉄は、ラム肉や赤身肉、ブリやカツオの血合いの部分に多く、吸収率も高いので、サプリメントで補給するよりも食事で補給しましょう。

また、間食にはプルーンやデーツもおすすめです。甘みもあり、鉄も補給できます。3度の食事以外からもコツコツと鉄を補給しましょう。

(3)ビタミンE

ビタミンEは、毛細血管を広げて血液の流れを良くするといわれています。冷え対策にも良いですし、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングにもおすすめの栄養素です。

また、ビタミンEは女性ホルモンの代謝にも関わっているため、更年期症状の緩和にも効果が期待できます。かぼちゃや春菊などの、冬に美味しくなる食材に多く含まれているため、ぜひ食べてみてくださいね。

(4)カカオポリフェノール

カカオポリフェノールには、血液をサラサラにする働きや、血管をしなやかにする働きがあるという報告があります。

ストレスをやわらげる効果もあるため、リラックスしたい時にもおすすめです。カカオポリフェノールが含まれる、チョコレートやココアでホッと一息つくのも良いですね。

カカオの割合が多い、ハイカカオチョコレートやダークチョコレート、純ココアを選ぶようにしてください。

寒い季節は身体が冷えやすく、特に血液の流れが悪くなりがちです。とり入れやすい食材を飽きないようにバランス良く食べて、健康や美容面ともに若々しく過ごしたいものですね。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング