1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

秋は薄毛になりやすい!?自宅でできる抜け毛対策

つやプラ / 2021年8月31日 20時30分

写真

秋は、一年でもっとも抜け毛に悩まされやすいシーズンです。40代以降の女性は髪の変化に敏感になるため、いつもより多く髪が抜けることに対し不安を抱きやすいもの。

「もしかしてこのまま、薄毛になるの?」と悩んでいる方もいらっしゃると思います。ヘアジャーナリストの筆者が、自宅でできる簡単な抜け毛対策をご紹介します。

■秋はなぜ髪が抜けやすいの?

古くなった髪は抜け落ち、新しい髪が生えるというサイクルがあります。そのため、人は一日に60本~70本程度の髪が抜けるといわれています。

しかし、髪の生え変わりといわれる9月~10月ごろは、平均より多めに髪が抜けます。一日に抜ける髪が100本ぐらいまでなら問題ありません。ですが、これに加え夏の過剰な紫外線ダメージや冷たい物の過剰摂取、自然乾燥なども、必要以上に抜け毛を助長させている場合があります。

大人世代は、抜け毛が目立つ時期こそきちんとお手入れをして、再び生えてくる健康な髪をサポートする意識が大切です。

■自宅でできる抜け毛対策

洗髪時の刺激は大敵

洗髪こそ健康毛の基本と考えがちですが、洗髪方法を間違えると頭皮環境の負担になりやすく、逆に抜け毛が増えてしまう場合もあります。

髪や頭皮がデリケートな時期は油分と水分のバランスが特に大切で、これらを過剰に摂取しないことが重要です。そのため、アミノ酸系などの髪にやさしいタイプのシャンプーでマイルドに洗い上げることがおすすめです。

また、洗髪時の髪のもつれは抜け毛を増やす原因につながります。事前にブラシで髪をとかすことで汚れが浮き立ちやすく、髪のもつれも解消されるので洗髪時に低刺激を保てます。

頭皮や髪の根元を強く引っ張らない

毎日のように髪を引っ張る行為も薄毛や抜け毛の原因につながります。そのため、ポニーテールなどできつく縛りあげる行為はさけた方が無難です。

特に抜け毛が気になる時のヘアスタイルは、ダウンスタイル、もしくは根元を強く引っ張らないアレンジにしましょう。ピンを使って下の方でゆるめにまとめるなどのアレンジなら心配いりません。

また、頭皮にも極力負担をかけないことが重要です。洗髪時は決して爪を立てず、指の腹でクルクルと回転させながらやさしく洗うことが基本です。

お風呂上りに「頭皮ローション」を使う

「頭皮ローション」は、スキンケアの際に使う化粧水のような存在です。乾燥した頭皮にうるおいを与え、ハリのある健康な髪に導きます。40代以降の女性には、ぜひ毎日の習慣として使っていただきたいアイテムです。

洗髪後、タオルドライをした頭皮全体に頭皮ローションを吹きかけたら、軽くマッサージを加えると血行促進効果も高まります。毎日行うことで頭皮環境を健康に整えます。

この時、髪ではなく頭皮に直接浸透させることが重要です。髪をかき分けて頭皮を目がけて塗布したら、マッサージの際もきちんと頭皮に触れながら行いましょう。

頭皮が硬いと感じたら要注意

頭皮が硬いと感じたら、血行不良になっているサインです。頭皮には毛細血管が多くありますが、この毛細血管に酸素や栄養がうまく行き渡らないと薄毛や抜け毛の原因につながってしまいます。

頭皮ローション+マッサージを行うことで頭皮環境の改善に導きますので、ぜひ習慣にしていきましょう。

マッサージは負担にならない程度でOK

頭皮マッサージと聞くと、正直面倒な印象をもちますよね。筆者自身も以前はそうでした。ですが、美容師さんを取材していると、美髪の方はマッサージの重要性を語る方が実に多くいます。

そこで、どの程度のマッサージが必要なのかを伺うと「頭皮ローションや育毛剤をつけたら、例え30秒でもマッサージをするとしないとでは差が出てきますよ」というアドバイスをいただきました。

「30秒ならできるかも」と筆者は思い、お風呂から出たらその場ですぐにつけられるようパウダールームに頭皮ローションを置くようにしました。その結果、あっさりと習慣化することに成功し、今ではマイクロスコープで見る頭皮は青白く、健康的な頭皮環境を維持しています。

自然乾燥は絶対にさける

まだまだ暑さの残る季節ですが、洗髪後の自然乾燥は絶対にさけましょう。ぬれた髪はキューティクルが開いたままの状態なので、少しの刺激でもダメージが加速しやすいです。

また、頭皮に水分が残っていて雑菌が繁殖すると、頭皮環境は最悪の状態になってしまいます。なので、必ずドライヤーを使って乾かしましょう。

ドライヤーで頭皮も乾かすことがポイント

髪だけでなく頭皮の水分も残さないよう、根元側をやさしく引っ張ったりかきわけたりしながら温風を当ててください。

ドライヤーを髪にあまり近づけ過ぎず、20センチ程度の距離を保ちながら行ってください。

抜け毛対策は結果的に頭皮環境改善のサポートにもなるので、総合的に美髪力を高めてくれます。もちろん、バランスのとれた食生活や十分な睡眠時間、適度な運動による血行促進なども美髪にとって大切です。生活習慣全般を見直しながら、豊かでツヤのある大人髪を目指していきましょう。

(ヘアライター&ヘアジャーナリスト 小澤 佐知子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング