1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

眉で老け目元が若返る!目が大きく見える眉の描き方

つやプラ / 2021年12月21日 19時30分

写真

加齢によって、なんだかしょんぼり小さく見える目元。アイシャドウやアイライン、マスカラを工夫するのもいいけれど、眉毛を変えればもっとぱっちりした目を演出できます。

40・50代の方のために、コスメコンシェルジュの筆者が、目を大きく見せる眉毛の描き方をご紹介。同時に、若々しさも叶うテクニックをお伝えします。ぜひ明日からのメイクに取り入れてみてくださいね。

■やや短め、太めにするのがコツ

細く長い眉は、フェミニンでやさしげな雰囲気になるものの、目の印象も弱まってしまいがち。目を大きく見せるためには、眉をやや短め・太めにするのがおすすめです。

また眉を短く太めにすると、フレッシュで若々しい印象に見えるメリットも! 「なんだか顔がぱっとしない」と思ったら、眉をアップデートしてみるのが若見えへの近道かもしれません。

■目を大きく見せるためのアイブロウテクニック

では、具体的なテクニックを手順に沿ってお伝えしていきます。

今回使用したアイテムはこちら。

アイブロウ

(左から:リシェ アイブロウペンシルS BR301/ヴィセ 税込価格594円〈編集部調べ〉、スクリューブラシ/フーミー 税込価格1,100円、ダブルエンドアイブロウブラシ スマッジタイプ/ロージーローザ 税込価格748円、アイブロウ クリエイティブパレット/イプサ 税込価格4,620円、ワイルドブロウシェイパー バランス/LAKA 税込価格1,540円〈ライター購入価格〉)

(1)スクリューブラシで毛流れを整える

アイブロウ

スクリューブラシを使って、自眉の毛流れを整えます。

(2)眉尻、眉山、眉頭の位置を決める

アイブロウ

眉尻、眉山、眉頭の位置を決めます。

眉尻

目を大きく見せるためには眉をやや短くしたいので、口角と目尻の延長線上に眉尻を設定します(通常は、小鼻と目尻を結んだ延長線上にするのが定説です)。

眉山

目を大きく見せたいなら、低すぎ・なだらかすぎの眉山はあまりおすすめできません。

黒目の外側~目尻の間に設定して、ほどよく角度をつけましょう。角度が急すぎると古いイメージが増してしまうので注意。

眉頭

小鼻のまっすぐ上に設定します。

(3)眉山から眉尻を描く

アイブロウ

さきほど決めたガイドに従い、眉山から眉尻を描きます。

やや太めの仕上がりが理想なので、ここではパウダータイプのアイブロウをブラシ使いするのがおすすめです。濃いめの色をブラシに取り、さっとのせましょう。

(4)眉山から眉頭に色をのせる

アイブロウ

眉山から眉頭に向かい、毛の少ない部分を中心に色をのせていきます。

ここでもパウダーアイブロウ+ブラシでOK。

カラーは(3)よりも若干明るめにするとメリハリが出ます。

眉頭は塗りつぶさないように注意しましょう。

(5)ペンシルタイプのアイブロウで調整

アイブロウ

全体のバランスを見て、ペンシルタイプのアイブロウで調整をします。

足りない部分を調整するためにはペンシルタイプが便利。鏡を少し離してみたり、左右の眉を比べたりしながら微調整していきます。くれぐれも描きすぎには注意して、あくまで微調整用にご活用を。

(6)眉マスカラをふわっとのせる

アイブロウ

眉マスカラをふわっとのせたら完成!

眉マスカラを使うことで眉毛が肌になじんで、目の印象がよりアップします。

まず毛流れに逆らうように、その後毛流れに沿ってブラシでとかします。眉頭の毛は、立てるようにコーミングするのが今っぽく仕上げるコツ!

マスク生活が続く今、目元に注目が集まるようなメイクのブームが続いています。ぜひメイクの力を借りて、大きな目元と若々しい印象をどちらも手に入れましょう。

(美容ライター・コスメコンシェルジュ/新井 美由紀)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください