1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

どんどん汚腸になる!?避けるべきNGおやつ

つやプラ / 2023年9月27日 19時30分

写真

何気なく口にしているおやつが、いわゆる“汚腸”の原因になっている場合があります。

美容や健康のためにも、腸はできるかぎり健やかに保っておきたいですよね。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、汚腸の原因になるおやつについてご紹介します。

■痩せられないのは、汚腸のせい!?

お通じのリズムが乱れて便がたまると、腸内の悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化しやすくなります。

そうすると代謝も下がって、脂質や老廃物をため込みやすい状態になり、結果として太りやすい体へとつながってしまいます。

さらに血行不良やむくみを引き起こす原因にもなるため、腸内環境はできるだけきれいに整えておきましょう。

■汚腸の原因になる?!NGおやつ

(1)ケーキ、ビスケット、クッキー

ケーキやビスケット、クッキーなどは、いずれも小麦粉が使われています。これにはグルテンという成分が含まれており、人の消化器官で分解されにくいという特徴があります。

そのため、体質によっては便秘につながりやすいと考えられています。

(2)スナック菓子

大量生産されているスナック菓子の中には、食品添加物が多く含まれているものがあります。

食品添加物は、腸内細菌に悪影響をもたらし、腸内環境を乱す可能性があると考えられています。

買うときには原材料名をチェックし、なるべく添加物が使われていないものを選びましょう。

(3)ゼロカロリーの炭酸飲料やジュース

ゼロカロリーの炭酸飲料やジュース類は、ダイエット中の方にも人気の飲み物です。ところが、ゼロカロリーの人工甘味料は、腸内環境を悪化させる傾向があるといわれています。

飲み物は出来る限り無糖のものを選んでいきましょう。

(4)ポテトチップス、ドーナツなどの揚げ菓子

ポテトチップスや揚げせんべい、ドーナツなど、油で揚げたお菓子は脂質が多く、悪玉菌を増やす原因になります。

油分の多いお菓子類は避けていきましょう。

腸内環境を整えることは、美容や健康のためにも欠かせません。美腸は、美しい肌やボディラインのベースになるといえるでしょう。食事や間食の際には、腸にいい食べ物かどうか、一度考えることを習慣にしたいですね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください