1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ビューティー

イッキに老け見え!?40・50代が注意すべきアイカラー

つやプラ / 2023年11月3日 20時30分

写真

数あるアイカラーのなかでも人気が高く、定番ともいえる「コーラル系カラー」。

ですが、40・50代になると、このコーラル系カラーを塗ることで老けて見えることがあります。

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、40・50代がコーラル系アイカラーで老けて見える理由と、若見えするコーラル系アイカラーの塗り方をご紹介します。

■40・50代がコーラル系アイカラーで老けて見える理由

くすみを残したまま

目元のくすみをそのまま残してアイメイクをしてしまうと、アイカラーの色が濁ってしまい、老け見えすることがあります。

くすみやくぼみを強調している

アイメイクは締め色がマストと感じている方が多い40・50代。

しかし、その締め色となる深みのあるカラーを広範囲に塗ると、目元のくすみやくぼみを強調する可能性があります。

■若見えするコーラル系アイカラーの塗り方

(1)目元のくすみをあらかじめカバーする

目元のくすみをあらかじめカバーする

目元のくすみは、アイメイク前にコンシーラーやアイカラーベースなどでしっかりとカバーしましょう。

意外と忘れがちなのが、目尻辺り。とはいえ、まぶたに複数のアイテムを塗ると、ヨレや崩れの原因になることがあります。

そのため、カバー力のあるアイカラーベースを使う、コンシーラーでカバーするのならファンデーションは省くといったことも考慮しましょう。

(2)アイホール全体にコーラル系カラーを塗る

アイホール全体にコーラル系カラーを塗る

アイホール全体にコーラル系カラーを塗りましょう。

まつ毛側から上に向かって自然なグラデーションを作るように、ブラシで塗ってください。

(3)ラメをまぶたの中央部分のみに塗る

ラメをまぶたの中央部分のみに塗る

ラメを重ねると、目元にハリやツヤ、立体感を出すことができます。

安っぽい印象にならないように繊細な輝きを放つラメを選び、まぶたの中央部分のみに塗りましょう。

ブラシだとラメが落ちやすいので、チップや指で重ねることをおすすめします。

(4)締め色は目尻側にポイント使いする

締め色は目尻側にポイント使いする

締め色を使いたいという方は、目尻側にポイント使いすると老け見えを回避できます。

細いブラシかチップでアイラインのように入れましょう。

(5)下まぶたに塗るアイカラーは上まぶたよりも明るい色で

下まぶたに塗るアイカラーは上まぶたよりも明るい色で

下まぶたは、クマの影響でくすんで見えやすいです。

下まぶたには、上まぶたよりも明るいアイカラーを塗ると、抜け感が出て老け見えを回避できます。

イッキに老け見え!?40・50代が注意すべきアイカラー

上記の写真が仕上がりです。

年齢とともに似合う色が変わるように、似合うメイクも変わっていきます。そのため、シーズンごとなどを目安にメイクを見直し、今の自分に似合うものにアップデートしていきましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤 幸子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください