1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

食べるほど若返る!老化を防ぐ夜スープ3選

つやプラ / 2023年11月18日 20時30分

写真

温かいスープが美味しい季節です。夕食の一品としても取り入れたいものですね。

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、夕食に摂ると老化を防ぐことが期待できるスープレシピをご紹介します。

■夕食のスープがおすすめの理由

忙しい現代人にとって、栄養のバランスを考えた食事を摂るのはむずかしいこと。朝食、昼食で摂れなかった栄養素は、夕食で補うのが理想です。

そこでおすすめなのが、各種の食材を使ったスープ料理です。

からだにやさしく、消化に負担がかからないのも良い点です。

作り置きにも向きますので、アンチエイジングのためにぜひ取り入れていただきたい食習慣です。

■老化を防ぐ夜スープのレシピ3選

(1)葛とほうれん草のスープ

葛には大人世代の女性が摂りたいイソフラボンが含まれています。

美肌や女性らしさを作る成分でもあり、老化を招く活性酸素を抑える働きも持っていて、骨粗しょう症の予防にも役立ちます。

また葛には血流をうながす作用もあるので、ぜひ積極的に取り入れていただきたい食材です。

材料(作りやすい分量)

葛粉 大さじ3

ほうれん草 1束

しょうが 1かけ

顆粒コンソメ 小さじ1/2

塩 少々

水 3カップ

オリーブオイル 大さじ1

作り方

(1)ほうれん草はさっと茹でて冷水に取ってあく抜きをして、3cm幅に切っておきます。

(2)しょうがはみじん切りにしておきます。

(3)鍋にオリーブオイルをひいて温め、顆粒コンソメを加えて(1)と(2)を軽く炒めます。

(4)葛粉は同量の水(記載外)で溶いておき、(3)に加えて同時に水を注ぎ、強火にかけて混ぜながら沸騰させます。

(5)塩で味を調えれば完成です。

(2)そば粉のおろしポタージュ

そばに含まれているルチンには高い抗酸化作用があり、活性酸素によるダメージを防ぐ働きがあります。

さらに、そばから摂れるビタミンPには、コラーゲンの生成をうながす働きもあります。

食物繊維も豊富に含まれているので、腸内環境の改善にも役立ちます。

材料(2人分)

そば粉 大さじ2

大根おろし 大さじ2

長ねぎ 10cm

豆乳 200ml

水 200ml

塩 小さじ1/2

オリーブオイル 大さじ1

作り方

(1)鍋にそば粉とオリーブオイルを入れて、弱火で焦げないように炒めます。

(2)(1)に水を注ぎ、混ぜながら温めます。

(3)(2)に大根おろしと豆乳を入れてさらに温めます。

(4)とろみがついて来たら塩で味を調え、小口切りにした長ねぎを乗せて完成です。

(3)かぼちゃとモロヘイヤの味噌スープ

かぼちゃとモロヘイヤには、老化予防に役立つビタミンEがふんだんに含まれています。

また、かぼちゃには美肌を育てるビタミンCが、モロヘイヤにはビタミンCのほか、肌をうるおし、シミやそばかすの原因になるメラニン色素の発生を抑えるβ-カロテンも含まれています。

材料(2人分)

かぼちゃ 1/4個

モロヘイヤ 1束

顆粒だし 小さじ1

水 400ml

味噌 大さじ2

オリーブオイル 適量

作り方

(1)かぼちゃはひと口大に切っておきます。

(2)モロヘイヤは刻んでおきます。

(3)鍋に水を注いで火にかけ、顆粒だしを溶かし、(1)を加えてやわらかくなるまで蓋をして煮ます。

(4)(2)を加えて軽く煮立て、火を止めて味噌を溶かします。

(5)再度少し温めれば完成です。食べる直前にオリーブオイルを適量かけます。

どれも手軽に作れてからだが温まる、これからの季節にぜひ召し上がっていただきたいスープです。今日一日頑張ったご自身をねぎらいながら味わってくださいね。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください