1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

老け見えしちゃう!40・50代が避けるべきNGアウター

つやプラ / 2023年11月27日 20時30分

写真

本格的に寒くなり、アウターが欠かせなくなりましたね。

「アウターの着丈選び」は意外とむずかしく、40・50代は老け見えの心配もあるでしょう。

スタイリストの筆者が、40・50代のNGアウター&OKアウターをご紹介します。

■40・50代が避けるべきNGアウター

ウエスト丈のショートジャケット

お尻の隠れないショート丈のジャケットは、気になる腰まわりが隠れないのでスタイルが悪く見えてしまう場合があります。

また、上半身にボリューム感が出るので着膨れも心配。

40・50代は、しっかりとお尻が隠れる丈のアウターを選びましょう。

膝丈のロングダウンコート

膝丈のロング丈コートはボトムとのバランスがむずかしく、スキニーパンツだと短足に見えることも。また、ワイドパンツだとバランスが悪く見えてしまう傾向にあります。

さらに、ダウンコートだと着膨れてダサ見えに。ダウンコートの場合はロング丈を避け、お尻が隠れるくらいの丈のものを選びましょう。

足首丈のマキシコート

足首にかかるくらいのマキシコートは重たくなり過ぎて、あまりおしゃれに着こなせません。

対策として高めのヒールを履くとよいのですが、いつもヒールを履くのはむずかしいですよね。

スニーカーなどを履く場合を考慮し、ショートブーツを履いて少し足が見えるくらいの丈のコートがおすすめです。

■洒落見えが叶う!40・50代におすすめのアウター3つ

(1)ゆったりシルエットのピーコートで、大人のリラックス感を

(プルーフ メルトン ピーコート(uncrave STANDARD)/uncrave 税込価格37,950円)

トレンドのゆったりシルエットのコートは、お尻が隠れるミドル丈だとバランス良くまとまります。

どんなボトムとも合わせやすく、ロングスカートに合わせて大人っぽく着こなすのも素敵ですよ。

(2)ダウンコートは、裾のドローコードでシルエットを変えて

(ナイロンタフタ ダウンコート/NAVE 税込価格49,940円)

定番のダウンコートは、程よいミドル丈と裾のシルエットが変えられるドローコードがおすすめ。

シンプルだけどカジュアル過ぎないデザインで、すっきりと見えるタイプが良いですね。

ブラックカラーでまとめたクールなスタイルが◎。

(3)ロングコートにショートブーツで、スタイリッシュに

(PASSY/ノーカラーロングコート/BEIGE, 税込価格90,200円)

膝下丈のストレートシルエットが着痩せ効果大のロングコートは、ノーカラーだとすっきりと着こなすことができます。

ワイドパンツやロングスカートを合わせてコーデのバランスを良く見せることがおすすめです。

40・50代のアウター選びは、お尻が隠れる丈で、すっきりとシンプルに着こなすことがポイントとなります。おしゃれにアウターを着こなして、寒い季節を楽しみましょう。

※各商品の情報は記事公開時のものです。

(スタイリスト KOZUE)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください