1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

老け見え&太見えする!?40・50代が避けるべきニット3つ

つやプラ / 2024年2月1日 20時30分

写真

寒さがきびしい日の毎日コーデに活躍するのが「ニット」。

しかし選び方を間違えると、太見えしたり老け見えしたりと、大人世代にとっては悩ましいアイテムでもあります。

スタイリストの筆者が、40・50代がさけるべきNGニットと、若見え&細見えするニットコーデをご紹介します。

■40・50代が失敗しがちなNGニットの特徴

厚手過ぎるもの

毛糸自体が太く厚手なニットは、身体を大きく見せてしまう場合があるのでさけた方が良いでしょう。

厚手過ぎると合わせるアウターにも困ることが多いので、必然的に出番が減ってしまうことも理由の一つです。

編み目の粗いもの

編み目の粗いニットを「ローゲージニット」と呼びますが、編み目が粗いことで立体感が出過ぎてしまい、身体を大きく見せてしまうことがあります。

なるべく、編み目の細かい目の詰まったものを選ぶことで、スッキリと見せることができますよ。

首が詰まりすぎているもの

首詰まりのニットはトレンドではありますが、顔周りにコンプレックスのある方はさけた方が無難。

首の部分が詰まりすぎていない、ゆとりを感じるデザインのハイネックやタートルネックを選ぶと、フェイスラインを強調せずに着こなすことができますよ。

■40・50代におすすめのニット&コーデ3選

(1)サイドスリットでスッキリ見せが叶う「ハイゲージニット」

(スムージーカラー ニット/自由区 税込価格14,960円)

ぎゅっと編み目の詰まったハイゲージのクルーネックニットは、1枚で着たり、レイヤードしたりと、着回し力の高いアイテムです。そのため、1枚持っておくと便利ですよ。

サイドスリットデザインは、身体の気になる部分を隠しつつ、スッキリ見せが叶ううれしいデザインです。

合わせるボトムスが細身のものでも、お尻周りをカバーできます。センタープレス入りを選んで、さらにシャープさを強調させたコーデにしてみてください。

(2)トレンドライクな着こなしが完成する「ポンチョニット」

(ウールカシミヤ ニットポンチョ/23区 税込価格19,910円)

サイドが大きく開いたポンチョ型のニットはトレンド感があり、着るだけで若見え効果大のアイテム。

タートルですが、ゆとりのあるオフタートルデザインなので、顔周りを気にすることなく着こなすことができます。

お腹やお尻の隠れるシャツやカットソーをインナーに合わせ、レイヤードコーデを楽しんでみてください。

(3)シャープな印象を与える上品な「Vネックニット」

(ウールカシミヤミックス パフスリーブ ニット/組曲 税込価格11,990円)

顔周りをシャープに見せるVネックニットは、あまりに縦の開きが大きいとトライするハードルが高くなり、だらしなく見えてしまうことも。

なので、鎖骨が見えるか見えないかくらいの開き具合が大人にはおすすめです。

スッキリと見せることができる台形シルエットのスカートを合わせ、さらに細見え効果を狙ってみてください。

まだ寒い日が続きそうなので、暖かくておしゃれに過ごせる「ニット」を手に入れてこの冬を乗り切りましょう!

※各商品の情報は記事公開時のものです。

(スタイリスト/ライター 森田 文菜)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事にリアクションする

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事にリアクションする

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください