毎日ひと手間で見違える!?サロン+自宅でできるハンドケア方法

LAR - Life & Aging Report / 2014年12月15日 12時0分

クリスマスの華やいだ雰囲気を感じさせるこの季節。でも、大人になると仕事などに追われ、普段と変わらない日を過ごす人も多いかもしれません。そんなときはネイルでちょっと気分を明るくして見ませんか?そこで「TKヘアメイク&ネイルスクール」のチーフネイルインストラクター、飛高薫(ひだか かおる)さんに、ハンドケアやネイルのデザインについて聞いてみました。

■プロのネイル&ハンドケアでより美しい手に

最近ではネイルをしていない人が多いと語る飛高さん。しかしネイルサロンでは、ネイルケアやハンドケアのみの施術も可能。爪の形を整えたり、手の角質を取ったりということもしています。また、ロウを溶かしたものに手を入れるパラフィンパックという施術は即効性もあり、乾燥が気になる方にお勧め。年齢の出やすい手こそサロンでこうした施術を受けると、リングやブレスレットも一層魅力的に見えるでしょう。

■大事なのは毎日のホームケア

プロにケアしてもらっても、自分で何もしないのはNG。乾燥対策には、毎日のハンドケアが重要! 「ハンドマッサージクリームを500円玉大ぐらいとり、手全体によく塗りこんでください。その際、リンパの流れをよくして爪まで栄養がいくよう、指は1本ずつ、指先の方に向かって馴染ませます。クリームが無くなるまでしっかりやってくださいね。」ハンドクリームはアンチエイジング効果のあるものも出ていますし、ダメージから肌を守り、保湿を持続させるハンドローションもあるそう。毎日しっかり続けましょう。

■ネイルのデザインはスタッフさんに相談を

最近は短い爪でジェルネイルを楽しむのが主流。デザインにはアクセサリーの流行が反映されると飛高さん。「今はパールを使ったものが好まれます。ネックレス風・リング風のデザインをオーダーする方も多いですね。大概の方はお店でスタッフと相談してデザインを決めていますが、リングやブレスレットなどをされているとイメージが伝わりやすいですよ」今年は指先のおしゃれでクリスマスを「特別な日」にしてみませんか。
(LAR編集部/photo:萱場俊介)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

トピックスRSS

ランキング