手のひらに「て」があると強運!?「大成功する手相」はコレ

LAR - Life & Aging Report / 2017年10月13日 20時30分

今回の開運コラムのテーマは「手相」。

大成功する可能性を秘めた手相「マスカケ相」をご紹介します。

■手の平の「て」の文字に注目

「マスカケ相」とは、頭脳線と感情線がつながって一本の線になっている手相のこと。手の平の中央に平仮名で大きく「て」という文字があれば、それがマスカケ相です。

これは珍しい手相で、片手だけマスカケ相の人はたまにいますが、両手ともマスカケ相の人はほとんどいません。

マスカケ相は、幸運と才能に恵まれている人に表れます。マスカケ相がある人は、パワフルでスケールが大きく、偉業を成し遂げる可能性を秘めています。別名「百握りの相」と呼ばれ、マスカケ相の持ち主は一度つかんだ運を絶対に離さないと言われています。

また、徳川家康もマスカケ相を持っていたことから「天下取りの手相」と呼ばれることもあり、縁起が良い手相の代表格です。

マスカケ相の持ち主の幸運ポイント

・強運をつかめる
・能力を発揮できる
・特定の分野で成功できる
・トップに立つことができる
・ピンチをチャンスに変えることができる

■マスカケ相の人が注意したいこと

このように幸運に恵まれる可能性を秘めたマスカケ相ですが、注意したい点もあります。

マスカケ相の持ち主は独立独歩、わが道を行くタイプ。人に合わせたり、譲ったり、媚びたりすることが苦手です。強力なリーダーシップを発揮しますが、その一方、強引で協調性に欠ける傾向があります。最悪の場合、周囲の人から「もう付いていけない」と思われ、愛想をつかされてしまうことも。

マスカケ相の人はワガママになり過ぎて孤立しないよう、周囲への気配りを忘れないようにしましょう。

いかがでしたか? 今回の開運コラムでは「マスカケ相」をご紹介しました。ご自分や身近な人の手の平に大きな「て」という文字を見つけたら、それは成功の兆し。
大きな目標を掲げ、その達成に向けて果敢にチャレンジしましょう。

(占術家/伊藤マーリン
雑誌や書籍の占い・心理テストの原稿執筆、WEBやスマホの占いコンテンツ制作などで活躍中。オリジナルのアストロカード®講座を銀座で開催している。)

30代・40代からのエイジングを楽しむ女性の美容マガジン|Life & Aging Report

トピックスRSS

ランキング