鼻すじ高見え!頬のもたつきスッキリの顔エクサ3つ

つやプラ / 2018年4月5日 20時30分

細くて高い鼻筋は、永遠の憧れですね。美容整形や注射などに頼らず、自力で見た目の印象を上げる効果のある顔ヨガで、その理想に近づきましょう。

■鼻を高くみせるためのポイント

鼻を高くみせるためのポイント、図の斜線部分のむくみや老廃物をとることです。鼻の横、ほうれい線の上のエリアをすっきりさせることで、相対的に鼻が高く見え「若見え」効果が期待できます。

鼻の横すっきりマッサージ

(1)先ほどイラストでご紹介した鼻の横のエリアに指をあてて、皮膚をこすらずに皮膚下の脂肪や老廃物をほぐすようにマッサージしましょう。

ここの老廃物がとれることで、ほうれい線やマリオネットラインも薄くなる効果があります。

(2)小鼻も指の先端で押してほぐしておきます。小鼻のハリがとれると、鼻の穴の形が美しくなります。このマッサージは、鼻づまりや鼻炎などにも効果がありますよ。

小鼻を指で押すことがむずかしいと感じる方は、「小顔スティックpico」などを使用することをおすすめします。

あわせて効果倍増!顔ヨガ「ムンクのマッサージ」

鼻の横をほぐした後は、顔ヨガで筋肉をストレッチさせて老廃物を流しましょう。

(1)口を「おー」と言うような形にし少し目線を上げ、人差し指をほうれい線にあてましょう。

(2)力を入れすぎないようにして頬から耳横まで手をすべらせ、表情を緩めます。

(3)耳横を通って、首に手をすべらせます。余分なお肉や老廃物を全て流すイメージで行いましょう。

鼻筋を通す顔ヨガ「クレオパトラの鼻」

鼻を指でつまんで引っ張り、口を「おー」と言うような形にして、鼻筋の筋肉を寄せるように動かします。これを、10回ほど行いましょう。

鼻は軟骨なので刺激することで鼻筋がすっとし、小鼻もすっきりします。

筆者は顔ヨガインストラクター兼、顔ツボセラピストとしてたくさんの方のお顔を拝見してきましたが、持って生まれた骨格にあわせて鍛えるべき筋肉を鍛えて余分な老廃物をとり除くことで、お顔の印象は見違えるほど変わります。

老け見えの原因にもなる鼻横のモッタリ感をとり、鼻高効果を実感してみてくださいね。

(ヨガインストラクター 千葉ゆか
高津文美子式フェイシャルヨガインストラクター、顔つぼセラピスト。二児の母。ヨガ×顔ヨガクラス「nicomum-yoga&facial yoga」主宰。)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング