仕上がりが変わる!美容ライター実践メイクブラシお手入れ法

ごきげん手帖 / 2016年7月25日 19時0分

写真

みなさんはちゃんとメイクブラシのお手入れしていますか? メイクをする上で大切なメイクブラシ。毎日顔に直接触れるアイテムだから清潔に保ちたいものです。
ブラシの質でメイクの仕上がりが格段に変わってくるので、お手入れは欠かせませんよ! 

そこで今回は、毎日簡単に出来ちゃうメイクブラシのケア方法を伝授。美容ライターである筆者が普段実践しているケアですので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

■用意するアイテム

・ブラシクレンザー(★今回は「ブラシ クレンザー/MAC ¥1,620(税込)」を使用)

・手持ちのメイクブラシ

・ティッシュ

・ガラスグラス

・マスキングテープ

・タオル


■毎日のブラシのお手入れ方法

ブラシの不要な粉を払ってから、ブラシクレンザーを染み込ませたティッシュでささっと拭くだけで完了です! 

必要以上に強い力でバサバサ汚れを取るのはNG! ブラシの劣化を早めてしまう恐れがあります。丁寧にそっと拭き取る程度でOK。


■週一回のブラシのお手入れ方法

メイクブラシは直接顔に触れるアイテムなので、週に一回はしっかり洗って清潔を保ちたいですよね。こちらも意外と簡単にできちゃいます。

ブラシ専用の洗浄液、又は水やぬるま湯にシャンプーや液体石鹸を入れたグラスにブラシを浸して洗います。

なぜグラスを使用するのかというと、筆の根元まで水で濡らしてしまうと上手く乾ききらず、カビの原因になってしまったり、ブラシの毛と金具の部分の接着が弱まる可能性があるので、筆者は洗う際は必ずグラスを使用して防いでいます。

ブラシを乾かすときは、形を整えてタオルの上に横にして置くか、ブラシにマスキングテープを貼り付けて洗濯バサミでテープを挟んで下向きにして干します。


いかがでしたか? 毎日顔に触れるアイテムだからこそ、ケアは怠りたくないですよね。
毎日簡単に出来るケアでブラシ清潔に保てば、ブラシの質を保つことができ、メイクの仕上がりもグッと変わってきますよ!


(立花 ゆうり)

【あわせて読みたい】
・絶対に崩れない!美容ライター溺愛の最強下地6選
・ブラシが変わればメイクも変わる!?プロお墨付きブランド3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
・毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターおすすめ「夏の化粧下地」6選
・毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
・放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
・伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

【参考】
※ブラシ クレンザー – MAC

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング