すぐできて栄養たっぷり!缶詰で作るビューティーレシピ3つ

ごきげん手帖 / 2016年9月27日 12時0分

写真

ダイエットやお肌のため、なるべく手作りの食事を……と思っていても、お仕事で疲れて帰ってきて、お料理をするのは大変ですよね。そんな時は、無理をせず缶詰を使ってみましょう! 缶詰は、保存料等無添加で安心なことに加え、短時間で調理されるため、自宅で調理したものより栄養素の損失が少ない保存食です。疲れたときも缶詰だけで作ることのできるビューティーレシピをご紹介します。

・サーモンとビーンズのサラダ

血液サラサラでお馴染みのDHAやEPAは、煮汁に溶け出しています。煮汁をドレッシングとして使うことで、余すことなく良質オイルを摂ることができます。

<材料>

サーモン 1/2缶(110g)
ビーンズ缶 1缶(110g)
オリーブオイル 大さじ2

<作り方>

1.サーモンの煮汁(半分程度)にオリーブオイルを加えて、しっかりと乳化させます。
2.サーモンとビーンズ缶を和え、1のドレッシングをかけて出来上がり。お好みでレモンを絞っても◎。


・オイルサーディンとトマトのグリル(写真)

オイルサーディンは、焦げやすいので気を付けましょう。また、別々に加熱することでトマトの水っぽさが飛び、オイルサーディンはカリっと焼きあがります。缶詰レシピとはいえ、美味しいひと手間は惜しまずに作りたいですね。

<材料>

オイルサーディン 1缶
トマト水煮缶 1/2~1/3缶

<作り方>

オイルサーディンとトマト水煮をそれぞれホイルなどにのせて、トースターで15分程度焼き、合わせて出来上がり。


・ひよこ豆のポタージュ

ヨーグルトを入れることで、豆の香りがおさえられ味がまろやかになります。

<材料>

ひよこ豆 小さいサイズのもの1缶(120g)
豆乳 150cc
ヨーグルト 大さじ1/2

<作り方>

ひよこ豆、豆乳、ヨーグルトをミキサーでなめらかになるまで撹拌し、塩で味を調えて出来上がり。


忙しくても簡単に作ることができる缶詰レシピ。ぜひ、活用してみて下さいね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【あわせて読みたい】
・痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
・第一印象が変わるほど目力UP!美髪までも作る「シリカ」とは?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
・水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
・アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
※かんづめハンドブック 6 缶詰の特徴 - 日本缶詰びん詰レトルト食品協会

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング