赤の力に注目!ビタミンCが豊富な「レッドフルーツ」の力

ごきげん手帖 / 2017年6月16日 12時0分

写真

日本スーパーフード協会が発表した「2017S/Sトレンド予測 スーパーフードランキング TOP10」の1位に輝いた「レッドフルーツ」。その中でも特に「アセロラ」や「ゴジベリー」が注目されています。そこで今回は、この2つのレッドフルーツが持つ驚くべき魅力についてご紹介したいと思います。

ゴジベリーに含まれる栄養

ゴジベリーとは、クコの実のことで、古くから漢方薬としても使われています。杏仁豆腐の上にのっている赤い実といえば想像がつくと思います。

ゴジベリーに含まれている「ルチン」はビタミンCとともに働き、紫外線、ストレスなどで発生する酸化物質を除去し、体の酸化を防ぎます。「ゼアキサンチン」は黄色い色素成分でコレステロールの酸化を予防。糖質代謝に欠かせない「ビタミンB1」が豊富で疲労回復効果が期待できます。また、「ビタミンC」や「タンニン」も含まれており、シミを予防する効果が期待されています。

アセロラに含まれる栄養

アセロラは「ビタミンC」の含有量が多く、キウイフルーツ100gあたりの含有量69mgに対し、アセロラは1700mgと豊富に含まれています。
ビタミンCはシミを予防する効果やコラーゲンの生成を助ける作用があるだけでなく、ストレスに対抗するホルモンを作る材料にもなります。また、含まれる「アントシアニン」は眼精疲労と眼精疲労からくる肩こりに効果が期待されています。 

レッドフルーツの食べ方

ゴジベリー

アイスクリームやヨーグルトに入れる、サラダのトッピングなどにすると食べやすい食品。とくに一日の摂取量が決まっていませんが、大量に食べるものではありませんので、5~6粒くらいを目安に摂取しましょう。 


アセロラ

痛みやすいので、冷凍のものやゼリー、ジュースなどに加工したものを摂取するのが良いでしょう。冷凍のアセロラはそのまま食べるのが◎。解凍して絞ってジュースにしても良いですね。


美肌効果、シミ予防効果が期待できるビタミンCが豊富。若々しさを保つ抗酸化物質が多い、これが注目されている元だったのですね。皆さんもぜひ取り入れてみてくださいね。


(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

【あわせて読みたい】
・だから痩せない!?成功率の低いダイエット方法4つ
・ダイエット中の食べたい!を紛らわす30のアイデア
・痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ
・生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・ヨーグルトと一緒に食べると美味しさ&効果UPの野菜3つ
・料理家が実践!醤油と酢が格段に美味しくなる簡単テク2つ
・これだけは守りたい!ダイエットに必要なたったひとつのこと
・ツヤとキラメキを!美髪を作る「生ワカメ」の食べ方

【参考】
※発表!「2017S/Sトレンド予測 スーパーフードランキング – 日本スーパーフード協会
※クコ – わかさの秘密
※アセロラ – わかさの秘密

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング