“ブス歩き”になってない?知らずに損するNGな歩き方3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2018年1月14日 19時0分

写真

誰かに教わることなく気がついたらできるようになっていて、無意識にやっているからこそ、その人の性格が出やすいといわれている“歩き方”。

実は残念な印象になっている『ブス歩き』の人が多く、気づかぬ間に損をしていることも……。

そこで今回は、ウォーキングインストラクターの筆者が知らずに損する『ブス歩き』についてお伝えします。

印象が悪くなる!ブス歩き3パターンとその印象

下を向いて歩く

下を向いて歩いていると、“自信がなさそう”、“性格が暗そう”という印象を持たれてしまいます。

自信なさげで、暗そうな人とあなたは仲良くなりたいと思いますか? 思いませんよね。もしあなたが下を向いて歩くのがクセならば、周りからきっとそう思われています。

また、下を向いて歩いていると何もなくても気持ちが暗くなり、考え方もマイナス思考になりやすくなります。さらに目の下のたるみやほうれい線、肩こりの原因にもなりかねません。

かかとを引きずる

重心が重いかかとの引き歩きは、“だらしない”、“ルーズ”という印象を持たれてしまいます。

一緒に何かをする時は、きちんとしている人がいいと誰もが思うもの。「だらしない人」という印象を持たれると、大切な仕事を任せてもらえなかったりします。

また、かかと引きずり歩きは、猫背にもなりやすいので、プラスで残念姿勢になってしまう恐れもあります。気をつけましょう。

ガニ股歩き

男性であれば“貫禄がある”というプラス印象になることもあるガニ股歩きは、“横柄”、“女らしさにかける”、“偉そう”と、女性にはマイナス印象です。

ガニ股歩きは、歩いている時に顎が上がりやすくもなるので、余計に偉そうな印象になります。

また、骨盤が歪み、反り腰にもなりやすいので下半身デブの原因になります。

女性のガニ股歩きは、男性に一番嫌われる歩き方でもあります。

印象がグッと良くなる!美人歩き3つのポイント

(1)真っ直ぐ立った姿勢から歩き出す

真っ直ぐの目安は、体を横から見た時も正面から見た時も真っ直ぐで地面に対して垂直になっていることです。

横から見た時のポイントは、耳の穴・肩の先・太ももの付け根・外くるぶしが一直線で結ばれていていること。

正面から見た時のポイントは、鼻の頭・おへそ・膝と膝がくっついているところ・そとくるぶしがくっついていること。

お友達やご家族に協力してもらい、立ち姿を横から写真で撮るとチェックしやすいです。

ポイントを抑えて真っ直ぐ立った姿勢から歩き出すと、驚くほど美しい歩き方になり、凛とした印象を持ってもらえるようになります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング