花嫁さんもやっている!プロ直伝「歯ベニ」予防のメイク方法

ごきげん手帖 / 2019年6月18日 20時0分

写真

「歯ベニ」とは、文字通り、歯に口紅がついてしまうこと。ふと鏡を見たときに気がつくと、変な汗をかくくらい恥ずかしくなってしまいますよね。
とはいっても、どのタイミングでついてしまったかは自分ではなかなかわからないもの。

そこで今回は、結婚式でご新婦様にも使っている歯ベニ予防テクニックを、現役ヘアメイク森田玲子がご紹介いたします。濃いリップを思いっきり楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

「歯ベニ」を引き起こす4つの原因

自分で気がつきにくいし、人に注意するのもなんだか気まずい「歯ベニ」。
そもそもなぜ歯ベニが起こるのかを見ていきながら、今日から使える対策方法をお伝えしたいと思います。

1.口紅の塗りすぎ

リップを塗る量にも、歯ベニしてしまう原因が潜んでいます。立体的で丸みのある唇に、美しく発色させたいからといってリップスティックを何層も重ね塗りしていませんか?

リップを分厚く塗りすぎてしまうと、唇の内側にリップが流れ込んでしまうのです。きっちり発色させたいときは、リップブラシを使って丁寧に塗ると、発色は美しく、ムラなく塗ることができます。

2.口紅の質感

グロスやリキッドタイプのリップなど、液体状のものは要注意。唇の縦じわに入り込み、粘膜のほうまでにじみだしてしまうことも……。トロっとした質感の物はどうしても流れやすいので、厚みを出し過ぎないような塗り方をしていきます。

アプリケーターをしっかりしごいてから少量ずつ唇につけることが、最大のにじみ予防になります。

3.唇の乾燥

唇が乾燥していると、皮が剥けてしまったり、縦じわが深くなったりしますよね。ひどく乾燥した唇は、唇に凹凸ができてしまって、リップメイクがにじむ原因に。唇もこまめに保湿して、お肌と同じようにケアしてあげましょう。

4.唇や歯の形

頻繁に歯ベニしやすいという方は、もしかすると唇や歯の形、角度も理由のひとつかも……。しかし、だからといって濃い色を避けなきゃいけないという心配はありません。落ちにくいリップを選んだり、メイク方法にひと手間加えたりすると、付きにくいリップメイクが楽しめます。

歯ベニ予防&色持ちアップ!プロ直伝メイク方法

絶対に歯ベニしたくない、彼とのデートや濃いリップを付ける日は、ぜひいつもよりリップメイクに時間をかけてみてください。歯ベニ予防ができて、なおかつ色が長持ちするメイク方法をご紹介します。

1.唇を保湿する

メイク前のスキンケアのタイミングで唇にもリップクリームをたっぷり塗っておきます。

リップクリームの油分が残っているとヨレやすくなってしまうので、軽くティッシュで抑えてからリップメイクを始めます。

2.リップライナーでガイドラインを書く

リップライナーを使って、自分の理想的な唇の形を描きます。周りを縁取りしたら、内側も塗りつぶしておきましょう。リップライナーは、リップスティックを直塗りするよりも細かく塗れて、形もキレイに見えつつ、色持ちもアップするので下地に仕込んでおくのがおすすめ。

3.ティッシュで歯に付きやすい部分のリップをオフ

このひと手間が一番大切で、特にリップを直塗りしている場合はぜひ取り入れていただきたいポイント! オーバーに塗ってしまった唇の内側部分をティッシュを挟んでオフします。

唇全体も軽く抑えてからリップスティックを重ねていくと、ムラなく塗ることができます。

4.リップブラシで好みのリップを塗る

リップスティックを直塗りすると、気づかぬうちに歯につきやすい唇の内側部分にも色がついてしまう場合があります。
特に唇が薄い方は、唇よりも大きなリップを直塗りすると、無意識に内側までグリグリ塗ってしまっている場合も……。リップブラシを使うと、量も調節できて、歯ベニ予防になりますよ。

歯ベニ予防メイクに必要なアイテムはこれだけ!

歯ベニ予防メイクに必要なアイテムは、以下の4つ。

・塗りたいリップスティック
・リップスティックに合わせたリップライナー
・リップブラシ
・ティッシュ

リップブラシはドラッグストアーでも充分優秀なものが買えるので、ぜひいつものメイクに取り入れてみていただきたいアイテムのひとつです。

こういった持ち運びができるリップブラシを選ぶと、メイク直しのときにも使えます。

ちなみに筆者が個人的におすすめしたいアイテムが、リップスティック兼リップライナーとしても使えるキャンメイクの「クレヨンマットリップ」。こちらもコンパクトで持ち運びしやすく、マットタイプなのに乾きにくくてスルスル塗れる質感も素敵!

歯ベニ予防をして、リップメイクも冒険!

今回は、歯ベニさせないためのリップメイクの一手間をご紹介しました。唇はササッと仕上げてしまいがちなパーツですが、ひと手間加えるだけで見違える仕上がりになります。メイク好きさんや、歯ベニ予防をしたい方はこだわってみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール

美容ライター/ヘアメイク・森田玲子
各媒体にてメイク法や美容法について執筆。ヘアメイクスクールで美容知識や実技を学び、現在では現場のヘアメイクとしても活躍の幅を広げている。

【保有資格】
一般社団法人JMA 本部認定講師/一般社団法人JAM 日本メイクアップ技術検定1級/一般社団法人JAM シニアメイクアップアドバイザー/一般社団法人JMA セルフメイクアップ検定/日本ダイエット健康協会 ダイエット検定 1級/日本化粧品検定 1級/日本パーソナルカラー検定協会(J-color)パーソナルカラー活用アドバイザー

【あわせて読みたい】
▽表情がガラリと変わる!リップメイク情報をもっと見る
・アラサー肌に映える!令和カラーの上品リップ&チーク3選
・食後も色ツヤキープ!塗りたて感が続く色もち抜群リップ3選
・リップを変えて、イメージを変える。シーン別おすすめリップ6つ
・ティントリップあるある!? フチだけ色が残ってしまう問題の解消法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング