「+α」がちょうどいい!彼ウケ抜群のすっぴん風メイク4ステップ

LBR - Life & Beauty Report / 2013年12月16日 21時0分

写真

「そんなにメイクしなくてもすっぴんの方がかわいいよ」っていうカレの言葉に苦笑い。いやいやちょっと待って、実際のすっぴんを見たら「…あれ?」って思うに決まってる!そんなカレを満足させつつ、お肌にも優しいすっぴん風メイクのポイントをご紹介したいと思います。

■STEP1:コンシーラーでカバーしつつ、素肌を活かしたツヤ肌

まずすっぴんに見せるにあたって最大のポイントは「塗っている感」の無い肌。素肌っぽさを演出するためにもファンデーションの厚塗りは避けて。素肌に近いツヤ感重視のBBクリームを薄塗りしたいところですが、いくらすっぴん風といってもクマやくすみはカバーしたいもの。気になる部分に丁寧にコンシーラーを塗りましょう。ベース作りこそすっぴん風メイクの要なのです。ファンデーションを厚塗りしないことで肌への負担が減るというメリットも。

■STEP2:アイシャドウは使わずラインのみ

男の人はメイクの濃さを色で判断する傾向にあるよう。ですので、いくらメイクが薄くてもアイシャドウをしっかり塗っていてはナチュラルメイクと受け取ってもらえません。「すっぴん風」と思ってもらうためにはアイシャドウ使いを控えましょう。その代わり、目のキワに細ーくアイライナーを引くことで目の存在感はぐっとアップ。普段ラメのシャドウなどをたくさん付けているならば、まぶた周りの繊細な皮膚がひと休み出来るのも嬉しいポイント。

■STEP3:チークはピンクよりコーラル系の自然な色でほんのり

ピンクのチークはどうしても「メイクしました感」が出てしまいます。しかし少しもチークを塗らないと顔色はやっぱり冴えないもの。そこで上手く利用したいのがコーラル系のチーク。肌の色に近いものを選んで頬にふんわり乗せればとってもナチュラル。更に練りチークやクリームチークを選べばまるで頬が蒸気しているよう。ナチュラルなセクシーさにカレもドッキリしてくれるかもしれません。

■STEp4:リップは保湿重視でほんのり色付くものを

最後に重要なのが口元。いくらすっぴんと言ってもカレもカサカサの唇を見たいわけではないはず。日頃からのリップケアはもとより、唇の乾燥をなかったことにしてくれるような保湿力の高いリップクリームが大切です。また、ほんのりピンク色に色付く効果もあるリップクリームはナチュラルな桜色の唇になれちゃうので、すっぴん風メイクの可愛さを底上げしてくれるはず。

いかがでしたか?すっぴんを見たいと言われたときに使いたいテクニック。カレに嘘をつくつもりはないけれど、素直にすっぴんを見て幻滅させたくないという乙女心。理解してもらいたいものですね。

(前田 紀至子)

【関連記事】

※ 自信がなくても成功するすっぴん風メイク技テク3つ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング