恐怖!脳まで冷やす内臓冷え症のチェックと解消法3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2013年12月25日 22時0分

写真

自覚していない人の方が少ないくらいに女性の大きな悩みとなっている”冷え症”。冷え症の中にもタイプがあり、特に気を付けたいのが”内臓冷え症”です。なんとこの内臓冷え症、脳の温度まで冷やし、思考力の低下や代謝の低下にまで影響するんです! 今日は恐るべき内臓冷えの実態に迫ってみたいと思います。

■内臓脂肪が脳まで冷やす!?

内臓冷え症とは、手足はそれほど冷えていないにも関わらず、脳や心臓といった体の中心が冷えてしまうタイプの冷え性です。脳は本来最も温度が保たれている場所であるはずなのですが、内臓の周りに余分な脂肪がつくことで、血流の流れを悪くし、脳の温度を下げてしまいます。脳の温度が下がると、思考力が低下してしまうだけでなく、下痢や便秘、膀胱炎などの恐れもあるんです! このところ体の芯が冷えていると感じている場合、輪をかけて内臓を冷やしてしまわないためにも、年末年始の暴飲暴食は厳禁かもしれません。

■アナタは大丈夫?内臓冷え症のチェックと解消法3つ

内臓冷え症のチェックの方法は、とっても簡単。手足はあまり冷えていない人でも、お腹に手をあててみて冷たかったら要注意です。内臓冷え症の解消法3つをご紹介します。

1:下半身を鍛える・ストレッチ

下半身の筋肉量が少ないと、血流のためのポンプの働きが弱くなり、内臓の血液循環も悪化します。ふくらはぎを揉んだり、ストレッチを行うなど、下半身を鍛えてみて!

2:カイロの貼る場所に注意

内臓が冷えてしまわないためにカイロを貼って安心していませんか? 実はカイロで体を温めたつもりになっていても、貼り方を間違えてしまっていると効果は半減してしまいます。最悪の場合、内臓の冷えを全然解消出来ていないという事態も! 内臓冷えを解消するにはおへそよりも1~2センチ下のところにカイロを貼るのが正解なのだとか。お腹を温めることで臓器の働きも良くなります。また臓器の働きが活発になることで全身の血の巡りが良くなるという嬉しい効果も。

3:アイスや冷たい飲み物に注意

こたつや暖房で体を温めながらアイスクリームを食べる美味しさは格別。特に近年は冬仕様の美味しそうなアイスクリームも続々と開発、発売されています。しかしながら体が冷えがちなこの季節に冷たいものを食べて胃腸などが冷えるという行為もまた内臓冷えの原因なのだとか。暖かい部屋で冷たいものを食べる美味しさは魅力的ですが、内臓冷え対策のためにもここはぐっとガマンしたいところ。

冷え症は便秘や肌荒れ、代謝の低下など良いことがひとつもありません! うっかりしてしまいがちなちょっとした行動が内臓冷えを引き起こしてしまうもの。体の芯からポッカポカになるためにも内臓を冷やす行動は避けたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※ 温めるべきは「肝臓」だった!内臓冷え症のピンポイント解消法3つ

【参考】

※ くらしのノウハウ:明日からデキる!生活向上委員会「寒さを乗りきる!冷え症撃退法」 – ゆうどきネットワーク – NHK

※ 血巡り研究会公式サイト

※ 「貼るカイロ」 正しく貼れば末端冷え性、内臓型冷え性にGood – NEWSポストセブン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング