たまには「ダーク」に…女性が大好きなアレで冷えとりできちゃうってホント?

LBR - Life & Beauty Report / 2013年12月22日 21時0分

写真

女性が大好きな”チョコレート”。実は、おいしいだけじゃなく”冷え取り”の効果もあるようなのです。でも、選び方と食べ方に要注意!今回は、「冷えとりに効果的なチョコレートの選び方・食べ方」をご紹介します。

■チョコレートで冷え取りできる理由 2つ

(1)血管の細胞を活性化させる

チョコレートの原料であるカカオ豆には『エピカテキン』というポリフェノールが含まれています。このエピカテキンには、血管の収縮を担う血管内皮細胞を活性化させ、血管を拡張させる効果があることが、世界各国の大学の研究でわかっています。血管が拡張して血液の流れが良くなれば、冷えとりにも効果的。美味しいのに冷えとりできるなんて、魅力的ですね!

(2)血流を改善する

チョコレートの苦み成分の一つ『テオブロミン』にも、冷えとり効果があります。テオブロミンは、血管を拡張させて血流を改善して、体温を上昇させる働きがあります。また、リラックスホルモン『セロトニン』に働きかけてリラックスした状態を作る効果もあり、筋肉がリラックスした状態になることからも血流の改善が期待できます。

■冷え取りに効くチョコレートの選び方

ただし、チョコレートなら何でも良いというわけではありません。冷えとりのために食べるのであれば“ダークチョコレート”がおススメです。ミルクチョコレートは、お砂糖や乳脂肪が多くエピカテキンやテオブロミンの含有量が下がってしまいます。冷え取りのために食べるのであれば、乳脂肪の入っていないカカオマス含有量が70%以上のダークチョコレートを食べましょう!ちなみに、ホワイトチョコレートは、カカオマスが入っていませんので、NGです。

■冷えとりに効くチョコレートの食べ方

エピカテキンやテオブロミンは、ポリフェノールの仲間なので体内に蓄積されることはありません。ですから、こまめに食べることが大切です。ただし、カカオにはカフェインが含まれていますので、摂り過ぎには注意が必要です。2-3時間に1回ひとかけら程度、1日に1/3~1/2枚程度に押さえましょう。

美味しく食べて冷えとりもできちゃうなんて、女子には朗報ですよね!最近では、高カカオチョコレートが色々なメーカーから発売されていますから、お気に入りの1枚を見つけて、美味しく冷えとりして下さいね!

( 岩田 麻奈未)

【関連記事】

※ 朗報!チョコレートを食べてもニキビは出来ない!? 美肌づくりに活かすコツ

【参考】

※ 「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 Vol.5」(学研マーケティング)

※ チョコレート・ココア健康講座-日本チョコレート・ココア協会

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング