ひと工夫で美肌食に早変わり!太らないお餅の食べ方

LBR - Life & Beauty Report / 2014年1月1日 11時30分

写真

焼き餅やお雑煮など、年末からお正月にかけて大活躍してくれるお餅。そんなお餅を120%楽しむべく美肌をキープするためのおすすめの食べ方をご紹介したいと思います。

■糖質が高いのでお砂糖とセットはNG

お餅には糖質が豊富に含まれています。ご飯とお餅を比較した場合、100gあたりご飯の炭水化物が37.1g、お餅の炭水化物は50.3gと、格段に高くなります。糖質が高い食べものだからこそ、お雑煮にする時はたっぷりの野菜を入れる、お砂糖やみりんを付けて食べるのは避けるなどといった食べ方がおすすめです。

■消化は良いが消化に時間を要すので朝食べよう

美味しくてついつい食べ過ぎることで胃もたれしてしまうイメージのあるお餅。お餅は消化に時間を要しますが消化は良い食べもの。胃が疲れている時にもおすすめなのです。食べすぎに気をつければ胃もたれをすることもありません。また、消化が良く、ゆっくり消化をする特性を生かして、マラソンをする日の朝ごはんに取り入れるのがおすすめです。

■消化を促す大根を絡めるのもおすすめ

ゆっくり消化するお餅ですが、早くエネルギーにかえてしまいたい! という時におすすめなのが、お餅に大根おろしをからませた食べ方です。大根に含まれているアミラーゼは消化を促してくれる酵素なので、一緒に食べることでお餅の消化を促してくれます。お夜食に食べたい場合などは胃に負担をかけないためにも大根おろしと一緒に食べるのが良いでしょう。

いかがでしたか? ついつい何個でも食べられてしまうお餅。食べ過ぎや胃もたれ、体重の増加を防ぐためにもちょっとしたポイントを心掛けながら美味しく食べたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※ 絶対阻止!外食でも太らない食べ方の法則とメニューの選び方4つ

【参考】

※ サトウ食品

※ びっくり!お餅の効能 お餅ってスゴイ! – 100%お餅ミュージアム – 全国餅工業協同組合

※ Q&A きむら食品

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング