ササッとひと振り「ふりかけ」でぷる肌ができちゃう簡単レシピ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年1月10日 19時0分

写真

乾燥肌と脂肌、全く反対のように思われますが、実はどちらも、紫外線や乾燥などの肌ストレスによって、お肌の皮脂バランスが崩れてしまうことが原因の場合があります。つまり、お肌の皮脂バランスが整えば、乾燥からも脂性からも解放されるということ! そこで大切なのがコラーゲンです。

■コラーゲンと皮脂バランスの関係

皮膚には、身体全体の約40%のコラーゲンが存在しています。特に、お肌を支える真皮層の約70%はコラーゲンで構成されていて、このコラーゲンの状態がそのままお肌に反映されています。

コラーゲンには、細胞同士をつなぎとめる働きがあり、網状に張り巡らされたコラーゲン線維の隙間には、ヒアルロン酸などが含まれ、お肌の内側の水分を保つ働きをしています。

お肌が内側から潤っていれば、乾燥しないのはもちろん、乾燥からお肌を守ろうとして過剰に皮脂が分泌されて脂性になってしまうこともありません。

■ゼラチンってコラーゲン?

身近なコラーゲン食材として頻繁に名前があがる『ゼラチン』。本当にコラーゲンなの? と疑問に思っている方も少なくないかも知れませんね。
ゼラチンは、牛や豚などの骨に含まれるコラーゲンを抽出して作ったコラーゲン食材です。ゼラチンとコラーゲンは、分子レベルに違いはあるものの、食品として摂取する分には同じと考えられています。

明治製菓株式会社の研究によれば、コラーゲンを経口摂取した場合、4週間後にはお肌の角質層が増加したそうです。まだ、詳しいメカニズムはわかっていないものの、同様の報告が他の研究グループからもあるそうですから、これは見逃せませんね!

■いつでも美肌食「ゼラチンふりかけ」の作り方

粉ゼラチンを使ったふりかけなら、簡単にゼラチンを摂ることができます。市販のふりかけに混ぜても良いですし、色々な食材と合わせて手作りしても良いですね。

<材料>

●粉ゼラチン
できるだけ純度の高いゼラチンを選びましょう。少ない分量で固めることができるゼラチンの純度が高いものが◎

・抗酸化力を強めたいなら →ポリフェノールたっぷりの「黒ゴマ」を入れる
・腸内環境を改善したいなら →食物繊維たっぷりの「青のり」を入れる
・お肌の潤いを高めたいなら →イノシン酸たっぷりの「鰹節」を入れる

粉ゼラチンと混ぜるだけ! 簡単ですね。この他、小魚や乾燥野菜を混ぜても良いですね。

経口摂取したコラーゲンは、すぐに効果があるものではありませんので、毎日続けることが大切。ゼラチンふりかけなら、コンビニ弁当も美肌食に早変わり! お手軽に続けられるだけでなく、お財布に優しいのも嬉しいですね。乾燥にお悩みの方も脂性にお悩みの方も、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※ 喉のイガイガはお肌乾燥のサイン!喉とお肌を一度に潤す食べ物まとめ

【参考】

※ からだにいいこと 2014 2月号(祥伝社)
※ コラーゲンの研究-株式会社 明治
※ コラーゲン経口摂取が結合組織(骨、皮膚)におよぼす作用-株式会社ニッピバイオマトリックス研究所 他

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング