「まつ毛貧乏」女子に朗報!お金いらずのフサフサ習慣4つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年2月22日 22時10分

写真

スラリと伸びたフサフサの美まつ毛。モテるのはもちろんなんでしょうけど女子としても普通に憧れちゃいますよね! 実はちょっとしたポイントを押さえることで細くて短くてまばらなまつ毛が見違えるように長くボリューミーになることも。お金をかけずとも簡単に美まつ毛を作るコツをご紹介します!

■憧れまつ毛への道1:「ビューラーお休み日」を作って

まつ毛が抜けてまばらになってしまう要因の一つにビューラーの使用方法があります。例えば、何年も交換せずゴム部分が劣化してしまっているビューラーを使っていたり、直角まつ毛を作ろうと同じ場所を何度も押さえてしまっていませんか? このような誤った使用方法ではまつ毛はどんどん抜けてしまうのでご注意。

もちろん正しい使用方法でもまつ毛にとっては少なからず刺激となっていますので、まつ毛のいじり過ぎを防ぐべくビューラーお休み日を作るのがおすすめです。

■憧れまつ毛への道2:落ちにくいマスカラこそ「優しく」クレンジング

マスカラをオフする際に、ゴシゴシこするのが厳禁なのは想像に難くありませんが、実はマスカラの洗い残しもまばらまつ毛を作る原因に。まつ毛にマスカラが残ってしまうことがまつ毛の負担となり、ダメージを与えてまつ毛が抜けやすくなってしまいます。ウォータープルーフのマスカラは洗ってもしぶとくまつ毛にこびり付いていることもあるので、マスカラを優しく洗い流した後、きちんとオフ出来ているかを鏡で確認するのが大切です。

■憧れまつ毛への道3:ヴァセリンを睫毛に塗る

まつ毛は美容液などを塗ることで抜けにくく、状態の良いコンディションを保つことが出来ます。しかしながら、まつ毛にしか使えない美容液は高価なものが大半な上に、他の部位には使えないのも気になるところ。そこでおすすめなのがあのヴァセリン! まつ毛ケアで大切なのは保湿をしてまつ毛に栄養が行き渡るようにしてあげること。安価ながら抜群の保湿力であるヴァセリンはまつ毛のケアにもばっちりなのです。綿棒にヴァセリンを塗ってマスカラを塗るように塗るのが簡単でおすすめです。

■憧れまつ毛への道4:血流をよくするために目のまわりをあたためてあげる

髪の毛の状態を健やかに保つには髪の毛の土台である頭皮のコリをほぐして血流を良くしてあげることが大切なのは良く知られていますが、土台が大切なのはまつ毛だって同じ。まぶたが疲れていたり血流が悪くなっているとまつ毛の状態が弱ってしまいますので、まつ毛のためにも目の回りの血流は滞らせないようにして、たまに温めてあげる時間を作って! 最近人気の蒸気で温める……というあのアイテムもイイでしょうし、ぬらしたタオルを電子レンジで蒸しタオルにしてしまうのも手(※温めすぎのやけどに注意してください)。

フサフサの美まつ毛は、美肌にも負けず劣らず永遠の憧れ。お金をかけずとも少しでも理想のまつ毛に近付くべくちょっとしたポイントはきっちり押さえたいものですね!

(前田紀至子)

【関連記事】

※5人にひとりは「まつげにダニ」が!? 目元ブスを作らないケア方法3つ

【参考】

※まつ毛のダメージやそのケアについて、新橋トラストクリニックの高木院長にお聞きしました。 - 株式会社アルマード

※まつ毛ソリューションプロジェクト – スカルプD

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング