小顔になりたかったら絶対食べて!「大顔さんのための」小顔食3パターン

LBR - Life & Beauty Report / 2014年3月4日 21時0分

写真

いくらそれぞれのパーツがキレイでも「小顔」じゃなければ魅力半減。“大顔化”ついてはむくみや筋肉の衰え、体重増加など、日常生活が原因の場合放っておくと歯止めが利かなくなってしまうもの。大顔を解消すべく、大顔タイプ別に“食べるだけで”小顔になれるかもしれない食材をご紹介します。

■大顔タイプ1:むくみからくる「ぶよぶよ」さんは…

むくみが原因で大顔になってしまっている人にとってとにかく必要なのは『カリウム』なんです! きのこ類や海草類はカリウムが豊富なだけではなく、カロリーも大変低く、ダイエットにもなっちゃうのでおすすめ。果物の場合はカリウム豊富なバナナをおやつとして日常的に食べるようにするのも効果的。カリウムの利尿作用で水分の代謝がアップし、顔もすっきりとするはず。

■大顔タイプ2:顔の筋肉の衰えからくる「ゆるみ」さんは…

顔の筋肉が衰えると顎や頬がゆるみ、顔にしまりのない印象になってしまいます。それを解消するためには“硬いもの”をよく噛むことが大切です。例えば、主食を白米やパスタではなく玄米にシフトしてよく噛んでみたり、おやつにスルメイカを食べたりするのがおすすめ。

また、顔にハリを出すためにもビタミンCを摂取すべく、ビタミンCが豊富なオレンジなどのフルーツを日常的に食べるのも良いでしょう。

■大顔タイプ3:単に太っちゃっただけという「ぽっちゃり」さんは…

食べ過ぎや運動不足が原因で体重が重くなるのに比例して、顔も大きくなっちゃったのがこのタイプの大顔化。ぽっちゃり大顔対策には血流を促進し、脂肪を分解してくれる「生姜」や「唐辛子」といった香辛料を意識的に摂るようにしましょう。

また、柑橘類を食べる場合は比較的糖分が少なく、食欲を抑制する効果があるとも言われているグレープフルーツが一押しですよ。

一口に小顔対策と言っても大顔になってしまった経緯は人それぞれ。タイプによって効果の見込める食べものが違うからこそ、あなたの悩みにぴったりな食材を的確に日常的に取り入れたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※気付けばあなたもやっちゃってる!これもあれも大顔習慣9つ

【参考】

※憧れの小顔を手に入れる! – Panasonic

※毎日の食生活で小顔に慣れる!? – All About

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング