「給料日までヤバい!」300円以内で美味し~く出来る美肌レシピ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年3月10日 19時0分

写真

キレイのために、毎日の食材にこだわってみると気づくのが、結構食費がかかるということ。お給料日まであとちょっと! 数日は節約しなきゃいけないんだけど、いきなり粗末な食事はイヤ!という美活中の女子さんへ。100~300円で美味しくできちゃう美肌レシピをご紹介します!

■チープだけど美肌要素たっぷりのお手軽食材 10選

(1)もやし:40円~100円程度

美肌食材として最近人気なのが「スプラウト」。実はモヤシこそ、元祖「スプラウト」なのです。もやしは、大豆や緑豆を発芽させたもの。発芽の過程で色々な栄養素が合成されたパワーのある食材なんです。とくに大豆モヤシは、代謝UPに必要なアミノ酸、新しい細胞を作る際に欠かせない葉酸、むくみの解消に役立つカリウムなど、美肌成分が多くおススメ。この安さも魅力!

(2)スプラウト:100円~300円程度

カイワレ大根や、ブロッコリースプラウト、キャベツスプラウトなど、色々な種類がありますが、おススメは抗酸化成分「スルフォラファン」が強化された「ブロッコリースーパースプラウト」。ブロッコリー1kg分のスルフォラファンが50g食べるだけで摂れるという優れモノ。

(3)トマト缶:100円~300円程度

完熟トマトを水煮にしたのがトマト缶。旬の熟したトマトを使うため、栄養価が高いのが特徴。また、トマトに含まれるリコピンは、加熱したほうが吸収が高まるので、既に加熱済みのトマト缶はリコピンを摂るには最適!

(4)サバ缶:100円~

血液サラサラ効果でお馴染みの『EPA』や『DHA』の宝庫。とくにサバ缶は、旬の脂ののったサバを水煮にしてあるのでEPAやDHAがたっぷり。DHAは、目の網膜に含まれる脂肪酸の約40%を占めているので、摂取すればうるうる瞳への期待も大!

(5)納豆:100円程度

毎日食べたい発酵食品。納豆ならお手軽ですね。納豆に含まれる『アルギニン』は、お肌の修復に欠かせない成長ホルモンの分泌を促す効果があります。成長ホルモンは、寝ている間に分泌されますから、納豆は「夜」食べましょう!

(6)たまご:1個30円~

「アミノ酸スコア」が100という優秀なタンパク質。タンパク質は、お肌のハリを保つコラーゲンや、筋肉の材料となる欠かせない栄養素。黄身には、お肌を炎症から守る効果のある『ビオチン』が含まれています。ビオチンは加熱したほうが吸収率が高まりますから、温泉卵やゆで卵が便利です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング