イイ女にとっては常識!「テカらない肌」でいるためのたった3つの習慣

LBR - Life & Beauty Report / 2014年4月14日 21時15分

写真

日に日に暖かくなり、過ごしやすい季節になりましたね。でもそこで気になってくるのが、「お肌のテカリ」ではないでしょうか? メイクをするほとんどの女性が、気になっている「化粧崩れ」。テカリやべたつきの他、ファンデーションの毛穴落ちなど様々な化粧崩れがありますが、今の季節に多くなって多くの女子が悩まされている化粧崩れについてお話します。

■暖かくなると化粧崩れしやすくなるのはなぜ?

冬場にくらべて、暖かい気候の時のほうがお化粧崩れの悩みが増えてしまいますよね。それは、この時期の化粧くずれが、皮脂の分泌によるものが原因だからです。私たちの身体は、あたたかい時期になると生理機能が活発になります。そうすることにより、皮脂腺も冬場に比べて活発に働くようになり、皮脂の分泌が増えるのです。

皮脂の分泌が増えることによって、お肌の水分が蒸散しないように乾燥しにくくなりますが、皮脂分泌が過剰になると「テカリ」や「ベタつき」「毛穴の開き」などにっくき悩みを引き起こしてしまいます。

■ドロドロ化粧崩れ・テカリを防ぐ3つの簡単習慣

(1)「ティッシュオフ」ぐせを

化粧くずれを防ぐには、まず「朝のお手入れ方法」にポイントがあるんです! 日中も乾燥が気になるので、乳液やクリームを塗りますよね? もちろんしっかりと塗って頂くのがおすすめです。しかし、ここでポイントになるのが、「ティッシュオフ」です。

●「化粧水・美容液・乳液などのお手入れ」→「ティッシュオフ」→「日焼け止め」「化粧下地」など…

朝のお手入れ時にも適度な油分は必要ですが、余分な油分は化粧くずれの原因になるので、軽い「ティッシュオフ」で表面のベタつきをおさえてあげましょう。

(2)「収れん化粧水」を投入

それでも、「テカリ」や日中の「ベタつき」が気になる方は、「収斂(収れん)化粧水」をお手入れにプラスしてみて! 収斂化粧水はお肌を引き締めて、皮脂の分泌をおさえて、毛穴をキュッとしてくれる効果がある頼もし~い味方アイテムなんです。いつもに乳液のあとに収斂化粧水で、毛穴を引き締めてあげるのがおすすめです。

(3)「直す」のではなく「拭き取る」

いくらお手入れに気をつけていても化粧直しをしないで済むことは難しいです。そこで、化粧直しのポイント! こちらも、しっかりと「ティッシュオフ」や「あぶら取り紙」などで、余分な脂をとってあげることが大切ですが、「あぶら取り紙」は皮脂を取りすぎてしまう可能性もあるので、過剰な皮脂でない限りは「ティッシュオフ」で十分です。そのあと軽く、お粉やパウダーファンデーションでおさえてあげましょう。

皮脂分泌によって、毛穴が開き、「毛穴落ち」が気になる方は、乳液や美容液などを使って、一度拭き取ってしまうこともおすすめです。一回に使う分をコットンや綿棒に染み込ませて乾かないように持ち歩けば荷物も重たくなりませんよ!

毎日のお手入れにたった一手間加えるだけで、化粧崩れを緩和させ、肌の状態自体を底上げさせることができます。簡単にできますので、みなさんも試してみてくださいね!

(斎藤可奈子)

【関連記事】

※正しい収れん化粧水使いでテカリのない美肌づくり!

※梅雨のお化粧にもってこい!ベビーパウダー活用術 

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング