生理前になると「お腹の具合が悪くなる」原因と対策

LBR - Life & Beauty Report / 2014年4月16日 12時0分

写真

生理前ってなぜだか便秘をはじめとした「お腹の不調」を感じませんか? 実はそれにはホルモンが関係しているのです。生理前の憂鬱さを増長させてしまう「お腹の不調」をちょっとでもラクにするための対策をお話しします。

■生理前後に「お腹の不調が頻発する」理由

●生理前

排卵期から月経期頃まで、体内では『プロゲステロン(黄体ホルモン)』が分泌されます。黄体ホルモンは、子宮の収縮を抑える作用があるのですがその影響で、腸の収縮運動も抑えてしまいます。そのため、排卵期から月経前にかけて腸の動きが悪くなり、便秘になりやすいのです。

●生理期

また、月経が始まると、プロゲステロンが減少するので便秘症状は治まりますが、今度は子宮を収縮させる『プロスタグランジン』が分泌されます。それによって腸が異常収縮するので、月経の時は下腹部痛を伴う下痢症状が多く起こります。

●生理前後期

また、月経前後は精神的にも不安定になりやすい時。精神的なストレスは腹痛に影響しやすいので、気持ちを楽に構えることも大切です。

■生理前こそ「冷え下痢」に注意

身体の冷えは生理周期が原因でも起こります。身体が冷えてしまうことで自律神経が乱れ、下痢の症状が起こることも。生理前のストレスをなるべく排除して、リラックスして過ごすことこそ大切ですが、生理前後で下痢の気配を感じたときは、インナーや靴下などに気を配り、身体を冷やさないようにする心掛けもマストです。

■月経前はお腹のためにも食べものに気を使うのも大切

下痢っぽいと感じたときは、食べものに気を使うことで改善出来る場合も。糖類や甘味剤は、水分を腸内に貯める作用があるため「果物」「お菓子類」はこの時期は控えるのがベター。また、香辛料やコーヒー、冷たい食べ物や飲み物なども、消化管を刺激してしまうので控えた方が良いでしょう。

月経前の不調はちょっとしたポイントを押さえることでぐっと軽減させることが出来ます。ブルーな気分を軽くするためにも冷えや食べものに気をつけてみては?

(前田紀至子)

【関連記事】

※ダラダラ眠いのも当然!生理前に眠くなる人は●●を飲んでいないから

【参考】

※女性の不調(3) 生理のときにお腹がゆるくなる・・・ – LION会敵生活研究所 – ライオン株式会社

※どうして下痢は起こるの? ストッパブランドサイト 

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング