放置してるとさらにパサ髪に!? 今スグすべき「痛み切った枝毛」への対処法3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年5月3日 21時0分

写真

ふと、髪の毛先に目をやった時、毛先が二股に分かれた枝毛を発見してしまった時のショックったらありません! しかもどうやらこれからの季節は枝毛が発生しやすく、肌と同じように髪の毛ケアにも気を使ってあげないと手遅れのパサパサ髪になっちゃうかも!? 枝毛が起きちゃう原因と対処法について確認してみましょう。

■日焼けやヘアカラーが枝毛の原因!?

うる艶髪は、ご存知「キューティクル」の健康にかかっています。キューティクル自体はたんぱく質ですが、うろこ上に何層も重なっている各層それぞれの表面は、「MEA(18-メチルエイコサン酸)」と呼ばれる脂質でおおわれていて、これが髪のツヤや手触りを左右している模様。

しかしながら、ヘアカラーやパーマ、コテなどによるスタイリングが要因とよる物理的ダメージや、紫外線での日焼けなどによって、キューティクルがはがれてしまったり、キューティクルとキューティクルの間に隙間が出来てしまうと、髪からたんぱく質や脂質が逃げてしまいパサパサ化が進行。

このようにキューティクルの多くが剥がれてしまった時に枝毛が発生してしまうのです。1回のヘアカラー処理をしただけで、「MEA(18-メチルエイコサン酸)」の80%が簡単に失われてしまうというからビックリ!

  

■枝毛が出来た時の対処法3つ

(1)思い切って枝毛をカット!

枝毛になってしまった毛先は戻らないので進行させないためにも切ってしまうのがおすすめ。しかしながら手で毛先を切ったり斜めにカットしてしまうと、断面積が広くなり、枝毛や切れ毛になりやすくなって枝毛対策として逆効果。よく切れるハサミを使い、枝毛が発生した2~3センチ上の部分を直角にカットするようにしましょう。

(2)“洗い流さないトリートメント”が救世主

ダメージを受けてしまった毛先をカットしたら、たんぱく質の流出防止に尽力するのが大切。洗い流さないトリートメントでダメージによる負の連鎖を断ち切るようにしましょう。また、毛先が十分に復活していないときはブラッシングによって再び毛先が避けてしまう怖れがあるので、丁寧に髪を梳かすことも忘れずに。

(3)「鉄分」を摂取して

もしも枝毛が出来ていると同時に貧血症状や疲労を感じることがあれば、鉄分の欠乏が枝毛の原因となっている可能性も。その場合はレバーやほうれん草といった鉄分が豊富な食材を積極的に食べるようにしましょう。

いくら美肌で髪型も素敵な美人でも毛先がパサパサだと台無しだからこそ、枝毛の無い美しい髪をキープしたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※パサパサ髪が美人偏差値を下げる!「トリートメントに頼らずに」髪質改善する方法

【参考】

※エクストラ ダメージケア シリーズ – パンテーン -P&G

※女性と鉄欠乏製貧血 – ロリエ – 花王株式会社

※Free&Free – ライオン株式会社

※ヘアケアサイト – 花王株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング