アナタは大丈夫!? 「うつ病になりやすい人」に共通する生活習慣5つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年4月22日 19時30分

写真

新型うつやプチうつ、五月病にいたるまで、日々のストレスが原因となって様々な心身の不調が引き起こってしまいがちなのがこの時期。でもどんな過酷な環境にあっても「うつ病になりにくい」人がいることも事実。そんな人たちと「うつ病になりやすい」人にはどんな生活習慣の違いがあるんでしょうか? 生活ストレスによる不調と無縁になるための、5つの対策やレスキュー法を確認しておきましょう。

(1)「グチをこぼす」ことをみっともないと思っている

→上司、家族、恋人、親友…「相談出来る場所」を確保しておく

新しい環境で働く場合、分からないことや不安なことを気軽に相談出来る上司や同僚などの存在を確保しておくことは、仕事面で思い悩んだ時に孤立してしまわないために大切。また、社内では言えないような仕事の愚痴や悩みは家族や恋人、親友に聞いてもらうのも手。「解決する」ことばかりに気を取られがちですが、悩みは「聞いてもらう」ことだけでも気持ちがぐっと楽になるはず。

(2)飲み会や食事会は面倒くさいからパス

→出来る限り「孤食」を避ける

1人で食事をする「孤食」は会話がなく黙々と食べ続けることで味気ないばかりか、孤独を感じて気持ちが落ち込む原因になっちゃいます。飲み会や友人の誘いには出来るだけ積極的に乗り、孤食を避けるようにすることで、ストレスが溜まりにくい食生活へと繋がります。

(3)疲れているので「寝る前」にシャワーのみ

→入浴は1時間前まで・夕食は2時間前までに済ませて質の良い睡眠を

疲労回復の重要なキーポイントとなるのは質の良い充分な睡眠。睡眠の質を上げるためにも起床や就寝時間を整えるのはもちろん、「夕食は寝る2時間前まで、入浴は1時間前までに済ませる」といった、睡眠のコンディションを整えるための生活を心掛けましょう。入浴は湯船につかることで体温の推移が自然と良質な睡眠に必要な動きをしてくれます。代謝も良くなるのでぜったいオススメ。

(4)「休日くらいはカラダを休めなきゃ…」

→オフの日は思い切り好きなことを

ストレス解消の近道はやっぱり趣味に打ち込むこと。休日に1週間分の疲労やダルさを回復したいと思うがゆえに、1日中ゴロゴロしながら過ごしたいと思う気持ちが沸くかもしれませんが、貴重なオフの日にこそ思い切り好きなことに打ち込みましょう。趣味に集中することでストレス発散になりますし、好きなことをして感じる心地よい疲れは、質の良い睡眠へと誘ってくれます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング