気づけばガサガサ…!「唇荒れが起こりやすい」人に共通する特徴と「美リップ育成法」3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年5月14日 12時0分

写真

乾燥の季節も過ぎ去り、すっかり油断してたものの、ふと口紅やグロスを塗ろうとしたら、なんだか唇がガサガサしているではありませんか! だけど一体どうして冬でもないのに唇が荒れてしまっているのでしょうか。暖かい季節の“唇荒れ”についてお話します。

■唇荒れのメカニズムって?

これからの時期は紫外線が強くなり、唇にもダメージを与えますが、唇は一旦荒れてしまうと角質細胞同士がくっつき、古い角質細胞がいつまでも残ってしまってガサガサ唇になりやすいのです。でも、肌のターンオーバーは約28日ですが、唇は3〜4日だからこそ、適切なケアで代謝を上げれば短期間でダメージを解消させることが可能です。

■これからの季節の唇荒れ対策3つ

(1)日中は「UV対策効果のあるリップ」を

唇は角層が大変薄く、また脂腺もないので自力ではバリア機能を作れない部位です。だからこそ、紫外線からのダメージを防いであげるべく、この時期はUV対策効果のあるリップクリームを選ぶようにしましょう。外出用に紫外線予防効果があるもの、寝る前やパックの際には肌に優しいもの、と使い分けると良いでしょう。

(2)水分補給後はリップを塗る習慣を

これからの時期は汗をかきやすく、ペットボトルなどのお水やお茶、ドリンクを飲む機会も増えがち。マメに水分を補給するからこそ忘れがちですが、飲み物を飲んだ後は唇はいわば「無防備な裸」の状態。水分補給をするごとにリップを塗ることもお忘れなく。

(3)エアコン直撃の季節は唇パックを行おう

今の時分から気温が高い日だと、外出先でもエアコンが掛かりはじめます。エアコンの風が直撃してダメージを受けるのは肌ばかりではありません。唇も弱ってしまったり、乾燥したりしてしまっているからこそ、冬だけではなく今の時期こそ唇パックを行う必要があるかもしれません。

出会いや楽しい計画が増える季節だからこそ、ツヤツヤ・ぷるぷるのリップで過ごしたいものですよね。気付けばガサガサ唇だなんてことのないように、季節に合わせたリップケアを行うようにしましょう。

(前田紀至子)

【関連記事】

※思わずキスしたくなる!? お手頃価格なのに「赤ちゃんぷるぷる唇」がつくれちゃうリップ3選

【参考】

※唇特有の皮膚生理と唇荒れのメカニズム – Kanebo

※なぜ唇は荒れやすいの? – スキンケアのアンテナ – ユースキン

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング