その生足、カレに直視されて平気?逆にザラザラ脚になる「NGムダ毛お手入れ」5選

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月16日 12時5分

写真

タイツとおさらばして、ナマ脚で出かけることも増える季節ですが、そうなると気になるのはやっぱりムダ毛のお手入れ。しかしながらケアどころか、反対にザラザラ脚になってしまうNGケアって案外多いもの。ついついやりがちなNGお手入れを確認してみましょう。

■NG1:外出前に慌ててお手入れ

出かける直前に、「そういえば剃っていなかった!」と慌ててケアすることはありませんか? 毛穴が開いていなかったり、毛が水分を含んでいない時は毛が固くカットしにくい状態。それでも慌ててケアすることは肌へのダメージや、怪我のリスクがあります。夜の入浴、シャワー時や、入浴後など、毛穴が開き、毛も充分潤っている時に行うようにしましょう。

■NG2:生理1週間前〜生理中にお手入れ

生理の約1週間前から生理中は黄体ホルモンが多く分泌され、ホルモンのバランスが不調なタイミング。肌が荒れやすくなってしまっている時ですので、生理の1週間前から生理中にかけては、お手入れは控えた方が良いでしょう。特に脱毛は除毛より肌へのダメージが大きいので、生理1週間後あたりの一番肌コンディションが良い時に行うのがおすすめです。

■NG3:海やプールに行く直前に慌ててケア

ムダ毛の処理は万全で挑みたい海やプール。ですが、直前でのケアでは、肌表面の毛穴に雑菌や塩素が入り込んで炎症を起こすことも。海やプールに行く2~3日前に処理しておくのが正解です。

■NG4:使い古したカミソリで剃る

使い古したカミソリがなかなか捨てられず使い続けてしまっていませんか? 傷や毛穴の奥に菌が入ってしまうことで、毛嚢炎、炎症性色素沈着など思わぬ肌トラブル原因になりかねません。また、磨耗した刃はカミソリ負けの原因になりますので、刃はこまめに交換することが大切です。

■NG5:除毛後何もしない

除毛後は炎症を起こしている状態ですので、鎮静化すべく保冷剤などでしばらく冷やしてあげることを忘れずに。

きれいな脚を手に入れるためのお手入れが、逆に脚を傷めてしまっているとしたら、大ショックですよね。間違いケアを一掃し、ツルスベ脚を手に入れたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※自己流処理は危険!? 今さら聞けないうぶ毛の剃り方ポイント5つ

【参考】

※今年はゼッタイ美脚!<Lesson1~4>光エステ ソイエ – Panasonic

※ムダ毛のお手入れ方法 – BRAUN

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング