毛穴パックもお金のムダ!? 角栓ポツポツ女子が共通して「出来ていない」こと4つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年6月19日 22時15分

写真

毛穴シートパックや角栓除去のスティックなど、ありとあらゆる角栓ケアグッズを試しては撃沈していませんか? もしかすると、「角栓予防の大前提」をスルーしてしまっているという落とし穴に陥ってしまっているのかも!? 角栓の無いつるんとした毛穴レス肌にするための基本中の基本を確認してみましょう。

(1)角栓を取る時は温める

通常の肌の状態のまま角栓を取ろうとしていませんか? 肌を温めずに角栓を取ろうとしても、角質が硬いままでは、古い角質が毛穴付近をふさいでしまい、折角の労力も無駄になってしまいます。角栓を取る際は、お風呂に浸かったり、温タオルを使って蒸しタオルパックをし、小鼻を温めたりと、角質を温めてからクレンジングなどをするようにしましょう。

(2)小鼻はこまめに撫でるようなマッサージ

小鼻周りをマッサージして柔らかくしてあげることで、血流が良くなり角栓が取れやすくなります。同時にたるんだ毛穴を引き締めて小さくする効果もあるからこそ、小鼻周りは日常的にマッサージするようにしましょう。しかしながら強くマッサージすると角層を痛めてしまうおそれがあるので、あくまでも「撫でるような優しいタッチ」がポイント。

(3)「抜けかけ」のポツポツは「拭き取り化粧水+コットン」でキャッチ

洗顔やケアの後、鏡を見ると「抜けかけている」ポツポツが気になるときもあると思います。その場合、そのポツポツを放置していても消えるワケではなく、酸化して黒ずんでしまったりニキビにつながるだけですので、取り除きましょう! 拭き取り化粧水をコットンに含んでクルクル拭き取れば、絡め取ることができます。

(4)洗顔料は合ってる?

「洗顔はモコモコした泡で洗いましょう!」とは言いますが、毛穴の皮脂や汚れ、古い角質を取り除くうえでは泡洗顔は有効ですが、皮脂が角栓化してしまった状態なら話は別。角栓はアブラですから、オイル系の洗顔料の方が馴染みが良く落としやすいはず。他に、クレイ系洗顔料も角栓に吸着する特徴があるので向いているとされています。

角栓を取る裏ワザをあれこれ試したところで、ケアの基礎を怠っていれば、骨折り損のくたびれ儲けにしかならないかもしれません。せっかくの労力を無駄にしないためにも角栓ケアの基礎から見直してみてはいかが?

(前田紀至子)

【関連記事】

※黒ずみ汚れや角栓に打ち勝つ!「つるんと毛穴レス」な夏美肌を叶える方法

※取らないでどうするつもり!? 最新角栓ケア方法5つ

【参考】

※肌を傷めず毛穴の黒ずみをとる方法 – 株式会社ドクターシーラボ

※毛穴の開き・つまり ( ビオレ) – 花王株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング