捨てちゃダメ!あの赤い果物を「皮ごと食べると」ほっそり白肌になれると判明

LBR - Life & Beauty Report / 2014年7月1日 12時0分

写真

ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれ健康をサポートしてくれる「リンゴ」。意外なことに、どうやらリンゴの美の秘密は“皮”にありそうなんだとか。リンゴの皮に含まれる成分が筋肉を増やし基礎代謝UPに効果があるのではないか?との研究発表も! リンゴの『皮』には、どんなビューティーパワーがあるのでしょうか?

■リンゴの「皮」のビューティーパワー3つ

(1)「白~い」美肌をサポート

リンゴに含まれる「リンゴポリフェノール」は、リンゴに含まれるポリフェノールの総称。ポリフェノールは、紫外線ストレスなどで体内に発生する活性酸素を除去してくれ、活性酸素によって引き起こされるシワ、タルミ、乾燥といった「光老化」からお肌を守ります。また、アサヒグループホールディングスの研究によれば、リンゴポリフェノールは、活性酸素からお肌を守ると同時に、メラノサイトでのメラニンの生成を抑制するそう!

シミ・シワ・たるみ・乾燥という4代お肌トラブルからお肌を守ってくれる頼もしい存在です。

(2)プニ肉予防にも!?

「リンゴポリフェノール」には、脂肪分解酵素リパーゼの活性を抑制する働きがあり、小腸で脂肪が吸収されるのを防ぐ効果があります。また、肝臓にある脂肪合成酵素の働きを抑え、脂肪をエネルギーに変える酵素を活性化させる効果も! 食事から摂った脂肪が、できるだけ体内に取り込まれないようにサポートしてくれます。

(3)基礎代謝UP!?

リンゴの皮には、『ウルソル酸』という成分が含まれています。アイオワ大学の研究によれば、「ウルソル酸」を摂取することで、筋肉とエネルギー燃焼を高める褐色脂肪酸を増加させる、とのこと。筋肉のしっかりついた身体は、キュっと引き締まって見えるのはもちろん、基礎代謝が良く同じものを食べても太らない身体作りの第一歩。食べるだけで筋肉量がUPするなら試してみる価値アリ!ですね。

■リンゴの『皮』の美味しい食べ方3つ

●皮ごとミキサーにかけてスムージーに

●皮をお湯に入れ、5分程度煮出したお湯で紅茶を入れアップルティーに

●薄くスライスして、鍋に入れ蓋をして煮詰めジャムに

リンゴを皮ごと使う時は、塩水などでしっかり洗ってから使いましょう!

むしろ『皮』だけ食べたくなってしまうようなビューティーパワー。今までリンゴの『皮』を捨てていた方、これからは「リンゴは『皮』ごと食べる!」を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】

※どんどん食べて!むくみ女子が「みるみるスッキリしちゃう」夏フルーツ4選

※今が一年で最も低い!? 運動を一切しなくても「基礎代謝をグンと上げる」方法3つ

【参考】

※ 成分情報 りんごポリフェノール – 株式会社わかさ生活

※リンゴポリフェノールに皮膚老化抑制効果を発見 – 株式会社ファンケル

※りんごポリフェノールを摂取することが美白に繋がることをヒトで確認 – アサヒグループフォールディングス

※Apple peel compound boosts calorie burning , reduces obesity in mice – UNIVERCITY OF IOWA

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング