あの都市伝説はホント?効果ナシどころか危険な「まつ毛育毛法」3選

LBR - Life & Beauty Report / 2014年8月4日 7時45分

写真

長〜く伸びたフサフサまつ毛には女性なら誰しも憧れてしまうもの。ですが、お人形のようなまつ毛を手に入れたいと願うあまり行っていたあの都市伝説、実は効果が無いどころか、反対にまつ毛を弱らせてしまっているのだとか。まつ毛にまつわる都市伝説の真偽に迫ります。

■まつげのNG都市伝説3選

(1)「まつ毛は切ったら伸びる」

→大ウソ!

都市伝説の中でも聞いたことがあるという人の多い「まつ毛を切ることで長くなる」という噂。残念ながらまつ毛は切ることでまつ毛の成長が促進される事実はありません。異物から目を守ってくれるという、元々のまつ毛機能が損なわれるだけでなく、短い毛が目元に刺さると目が痛かったり傷ついてしまいますので、絶対にやめましょう。


(2)「まつ毛にリップクリームを塗ると伸びる」

→微妙(ですがオススメはしません)

リップクリームの成分自体にはまつ毛を育毛する成分は入っていません。しかしながら、リップクリームで保湿することによってまつ毛の育毛環境を整えることは可能。ですが、もしも目に入ってしまうとメントールなどの成分が刺激になってしまったり、粘度の高い油分が眼球についてしまうと危険ですのでおすすめはしません。まつ毛にはまつ毛専用の育毛剤を使うのが一番。


(3)「まつ毛の根元をマッサージして刺激すると伸びる」

→逆効果の恐れアリ

血流を促し、血行を促進することで発毛に対する効果はあると考えられますが、まつ毛を伸ばすためにまつ毛の根元を刺激したからと言って、成長を促進することはできません。元々まつ毛は60%が成長を終えて「抜けるのを待っている状態」なので、刺激を与えることで逆に抜ける本数が増えてしまう場合もあるので、清潔な環境で丁寧に扱うのが好ましいようです。

■まつ毛はとにかく「刺激がキライ」!

まつ毛は刺激に弱く、ちょっとしたダメージで抜けてしまいやすいもの。また、メイクの落とし損ねなどの不潔な環境はまつ毛にダメージを与えるだけでなく、雑菌の温床になる恐れもあります。まつ毛を切る、刺激を与える、などといった過剰なケアはもちろんNGですが、無意識の行動で刺激を与えないように心がけて。

理想のまつ毛に近付くべく、ついつい試したくなる都市伝説ですが、どうやら大抵のものは信憑性には欠けるようです。欲を出すあまり冒険し過ぎず、今のまつ毛を大切に保つ努力から始めたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

※5人にひとりは「まつげにダニ」が!? 目元ブスを作らないケア方法3つ

【参考】

※まつ毛は切ったら伸びる?恋愛するとまつ毛は伸びる? 「まつ毛」に関する“都市伝説”のウソ・ホント – アンファー株式会社 – PRTIMES

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング