簡単テクで化粧崩れが激変! 覚えておきたい夏メイクの小ワザ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年8月18日 19時0分

写真

汗をかく夏は毛穴が目立つし、肌のテカリやファンデが浮いたりと、メイクを長持ちさせるのが大変。そこで、誰でもできる夏のメイクの仕方と、あっという間にできる化粧直しの方法をご紹介します。

■ 崩れにくい夏メイクの方法

どうせ汗で崩れちゃうから、ベースもファンデも薄塗りで、というのは大きな間違い! 皮脂による化粧崩れを防ぐ近道は、ベース作りにあります。

 ● リキッドファンデには、おしろいをプラス

肌に密着するリキッドはキレイが長持ちしますが、ベタつきが気になることも。そんなときは、おしろいを重ねればサラサラ肌の完成。夏メイクが長持ちします。

 ● パウダリーは、水使用がポイント

パウダリーファンデは水に濡らしたスポンジを使う「水使用」がオススメ。肌の温度が下がるので皮脂量がセーブされてテカり防止にも効果大。さらに水分がプラスされることで肌への密着感もアップ。つややかな仕上がりで、化粧崩れがしにくくなります。

 ● BBクリーム派はフェイスパウダーを仕上げに

メイク時間を短縮したい人はBBクリームが便利。BBクリームをむらなく均一にのばしてから、フェイスパウダーをつければテカリも抑えられ、キレイな仕上がりがキープできます。

 ● 毛穴やTゾーンは専用アイテムでテカリ予防

皮脂が出やすい夏は、毛穴のポツポツやTゾーンのテカリが気になります。そんな時は、毛穴の凹凸を隠す化粧用下地や、テカリを抑えるコンシーラーなどの専用アイテムを使ってからファンデを塗ると仕上がりがぐーんとよくなります。

■化粧直しのコツ

午前中はキレイがキープできたのに、午後になったら化粧が崩れてしまった。ついつい、ファンデを重ねて対処してしまうことがありますが、これではファンデがヨレてしまって逆効果。簡単なお直しテクニックで涼しげメイクを復活させて!

 ● テカリが気になる時は

浮いたファンデをティッシュオフしたら、部分用下地を気になる部分に塗ります。あとは仕上げにファンデを薄くのばせばOK。あぶらとり紙で皮脂をオフしてから、ミスト状の化粧水で保湿。スポンジに少量のファンデをとって薄く塗る方法もあります。ファンデは厚塗りしないように気をつけて!

 ● 汗でメイクが崩れた時は

大量の汗で化粧が崩れてしまったら、思い切ってメイクをリセットさせて。水・乾両用のファンデの場合、こすらないように手で肌に水をかけ、汗を洗い流します。ティッシュで抑えるようにしてから水分を取り、ファンデを薄くのばせばOK。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング