ぽっこりお腹や緩んだお尻……尽きない女子の悩みは●●を動かせば全て解決!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年8月26日 21時0分

写真

がむしゃらにダイエットしても、緩んだボディからなかなか卒業できない……と悩んでいる女子。ちょっと待って! それって、もしかすると骨盤の動きに不調があるのかもしれませんよ。しかも、しっかりケアすれば、引き締まった体だけでなく小顔や美肌も手に入れることができるんです。

■骨盤の機能をおさらいしよう

骨盤とは、上半身と下半身の真ん中で体全体のバランスをとり、内臓を支えている重要な部位。左右の股関節と連動し、歩く動作をサポートしたり、子宮や卵巣などの生殖器を抱えて安定させ、自律神経の働きを助ける大きな役割も担っています。しかし、様々な形に変化し歪んでしまいやすいためケアが必要。骨盤が歪んでしまうと、体全体の歪みにつながり、さらには内臓の位置が下がるため、ぽっこりお腹や緩んだお尻の原因にも。また、骨盤周囲の神経や血管が圧迫されるので、身体全体の血流にも悪影響が出てしまいます。

■骨盤は締めて整えるより動かす事が大切!

骨盤を歪ませないために無理に矯正したり締めたりする人が増えていますが、実はそれってNG行為! 本来は、固定するよりも、体の働きに応じて開いたり閉じたりできるよう骨盤をしっかり動かし、周囲の筋肉を柔軟に保つことが大切。また、骨盤の開閉は一日を通して常に行われており、夜は開いたものが朝に閉じたり、排卵や生理で通常時よりダイナミックに動いたりするため、できる限りしなやかに保ちたい部位。とにかく動かして周囲の筋肉をしっかり働かせ、歪んだとしても自分の力で戻せる環境を整えてあげることが大切なんです。そうすれば、自ずと崩れかけていたボディラインも整い、見た目の美しさも取り戻すことが可能!

■今すぐできる! 骨盤の動きをよくする方法

そこで、明日から始められる骨盤の動きをよくする方法をお伝えしたいと思います。

●しっかり骨盤ウォーキング

股関節から足を動かすように大股で大胆に歩きましょう。下半身の筋肉をしっかり動かし柔軟性を高めます。姿勢を良くし自分のペースでリズミカルに歩けば、骨盤周囲の血行が促進され、子宮や卵巣など骨盤の中にある臓器も活性化します。子宮や卵巣が活性化するということは、ホルモンのバランスも整うため、美肌にも効果的です。

●こまめにストレッチ

骨盤が動きやすい筋肉をつくるには、こまめにケアをすることが大切。1日に何度も簡単なエクササイズをするように意識してみましょう。朝起きてからベットの上で、仕事中、お風呂上がり、寝る前など、短くてもいいのでストレッチをしてあげることがポイント。また、股関節の柔軟性も骨盤の動きをスムーズにしてくれるので、内もも・太ももを伸ばすストレッチや、開脚前屈を進んで行うと、よりよい結果が望めます。

今や女子力より骨盤力を高めることがスタイルアップの秘訣。また、骨盤をケアすれば女性機能が高まるため、美肌にも効果的! 今すぐ初めて損はなさそうですよ。

【関連記事】

・ぽっこりお腹だけじゃなくて美肌にも効果!? 骨盤底筋を簡単に鍛える方法

【参考】

※骨盤ケアで毎日が快適 – ピップ株式会社

※奥谷まゆみ監修『骨盤引き締めの大誤解 』 ブルーロータスパブリッシング

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング