身近過ぎて盲点!バナナの美肌パワーが凄い!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年8月27日 12時0分

写真

健康食として不動の人気を誇る『バナナ』。昔から健康に良いと言われてきた『バナナ』ですが、どうやら肌質とも深い関係が…美肌作りに欠かせないビューティーフードのようですよ!

■『バナナ』のお肌に嬉しい効果 4つ

(1)水分・油分・弾力もUP?!

日本バナナ輸入組合の行った調査によると、朝晩1本ずつ1日2本のバナナを4週間食べた後、お肌の水分・油分・弾力などが改善した、とのこと。また、被験者の多くが、お肌の潤いやハリ、キメなどの肌質の改善を実感したそうです。

お肌の水分や油分が不足すると、丈夫な角質層が保てず、キメが荒くなりお肌のバリア機能が弱くなってしまいます。バリア機能の低下は紫外線など外部からのダメージを大きくする一因に。また、お肌の弾力が弱まると法令線やシワの一因となるだけでなく、皮下脂肪に引っ張られて毛穴の開きの原因にも!お肌の水分・油分・弾力を保っておくことは、キレイ肌を保つための大切な条件なのです。

(2)「美容ビタミン3兄弟」が勢ぞろい!

脂質、糖質、タンパク質の代謝を助け、皮膚や粘膜の健康を守る3つのビタミン、ビタミンB2・ナイアシン(ビタミンB3)・ビタミンB6は「美容ビタミン3兄弟」と呼ばれています。『バナナ』には、「美容ビタミン3兄弟」がキウイの約2.5倍含まれていて、美肌作りのサポートに。

(3)ポリフェノールも摂れちゃう!

『バナナ』は、ポリフェノールもバッチリ!なんと、ブドウより多くのポリフェノールを含んでいます。バナナに含まれるポリフェノールは、細胞のサビの原因となる活性酸素除去力も強く、東北大学大久保教授らの実験によれば、バナナは身近にある食品のなかで最も抗酸化力が強いことが分かったそうです。

(4)もちろん腸内環境美化にも!

『バナナ』には、水溶性食物繊維とクラフトオリゴ糖が含まれていて、腸内で善玉菌のエサとなり腸内美化をサポート。また、不溶性食物繊維も含まれるため、腸内で数十倍に膨らみ腸壁を刺激してぜん動運度を促し、便秘の解消にも◎。

バナナは年間通じて安定した価格で手に入る身近なビューティーフード。1日2本のバナナでお肌の若返りを実感してみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【参考】

※ バナナ大学

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング