ストレスも脂肪も撃退!?知られざる魚介類のパワー

LBR - Life & Beauty Report / 2014年9月12日 12時0分

写真

毎日生活していると、どうしてもストレスが溜まることがありますよね。ストレスは、身体の働きに影響して、お肌の機能も低下してしまいます。資生堂株式会社の研究によれば、ストレスによる敏感肌だと感じる女性が増えているとか……。ストレスの無い生活を送ることはできませんが、ストレスに強いカラダ作りならチャレンジできますよね! どうやら『魚介類』を食べることで叶えられるようですよ。

■ストレスとお肌の関係

乾燥や紫外線、過度のスキンケアなど外的ストレスもお肌のバリア機能を低下させますが、内的ストレスも内臓の働きに影響し、同じようにお肌のバリア機能を低下させます。ストレスを感じると交感神経の働きが活発になります。腸のぜん動運動は、副交感神経の働きによって行われるため、腸がスムーズに動かず、便秘の原因に。その結果、充分な栄養がお肌にいきわたらず、お肌が持つ本来のバリア機能が働かなくなってしまいます。バリア機能が低下したお肌は、更に外的ストレスに弱くなる、という悪循環に陥ってしまいます。

■ストレスに強いカラダ作りには「タウリン」がおススメな理由

栄養ドリンクなどでお馴染みの「タウリン」。タウリンは、身体のあらゆる臓器に存在するアミノ酸の仲間で、体重の約1%程度体内に存在している重要な成分。ストレスを感じると副腎から「カテコールアミン」と呼ばれるホルモンが分泌されるのですが、カテコールアミンが多すぎると、血圧の高い状態が続き血管にダメージを与える一因に。毛細血管が傷ついてしまうと、お肌の細胞に酸素と栄養が届かず、お肌もダメージを受けてしまいます。静岡県立大学の横越教授によれば、タウリンは、カテコールアミンの分泌を調整し、ストレスによる身体のダメージを軽減する効果があり、かつ、エネルギー生産のために脂肪の分解を促し、エネルギー不足にならないようにする作用があるとのこと。エネルギー不足が原因で起こる疲れを減らすだけでなく、脂肪量が減って美ボディ作りにも役立つかも!?

■タウリンの多く含まれる『魚介類』ってどんなもの?

タウリンは、アジ、サバ、カツオ、イカ、タコ、牡蠣などの魚介類に多く含まれています。魚では、血合いの部分には、白身の部分の約5~10倍、牡蠣なら、殻付き生ガキに”むき身”の約2倍のタウリンが含まれています。タウリンは、水に溶けやすいので、タウリンを積極的に摂るためには、お刺身などにして生で食べるか、クラムチャウダーなどスープにして食べるのがおススメです。

最近ストレスが多い、お肌の調子が安定しない、と感じている方、毎日のメニューに魚介類をプラスしてみてはいかがでしょうか。

(岩田麻奈未)

【関連記事】

・「やけ食い」「激ヤセ」どっちもイヤ!ストレスと食欲の関係性って?

【参考】

※ライフスタイル敏感肌とは? - 株式会社資生堂

※心と体のデトックス リセット・ミュージックとは - 松生クリニック

※タウリン(6)ストレス軽減、脂肪燃焼に効果 - 静岡県立大学 食品栄養科学部教授 横越 英彦

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング