肌荒れしやすい人は●●ができてない!?肌を美しくするための生活習慣って?

LBR - Life & Beauty Report / 2014年9月13日 13時5分

写真

よくないとは思いつつも、ついつい面倒だと感じてしまう部屋掃除。しかしながら、整理整頓が肌荒れに関連しているという興味深いデータが明らかになりました。整理整頓に隠された秘密とは、一体何でしょう?

■肌荒れをしている女性は「身の回りの整理整頓ができていない」!?

カバーマーク株式会社が20代~40代の男女600名を対象に、インターネットによる『お肌と生活習慣に関する意識調査』を行ったところ、肌荒れをしている女性のうち約7割が「身の回りの整理整頓ができていない」と回答しました。さらに、肌荒れをしていない女性の約6割が「身の回りの整理整頓ができている」という回答も。疲れている時や急がしい時は、部屋の整理整頓まで手が回らなかったりと、生活環境が如実に現れるもの……。しかし、やはり清潔な部屋で暮らすことは心身によい影響を与え、肌荒れと整理整頓には少なからず相互関係があると考えてよさそうです。

■身の回りの整理整頓を上手にするためのコツ3つ

(1)1週間に1度は机の上を見直そう

書類や郵便物にメモ……机の上はついついゴチャゴチャしてしまいがち。整頓を怠っているうちに手がつけられなくなってしまい、片付けるのが億劫になってしまわないように、1週間に1度は机の上を整理して、今後必要ないものは潔く捨てましょう。普段使うものでも、頻繁に使う訳でなければ、机の上に置きっぱなしにせず、しまうことも大切です。


(2)定位置を決める

リモコンやゴミ箱、ペンなど、常に身の回りにあるものは定位置を決めて置くことで、ゴチャゴチャとせず、散らかる心配がありません。どうしても散らかってしまうと悩んでいる人は、一度あらゆるものの定位置を決めてしまうことで、部屋がスッキリするはず。


(3)床の上には物を置かない

床の上に物を置いてしまうと、置くのがクセになってしまい、部屋がどんどん散らかってしまいがち。また、ホコリが発生しやすくなったり、掃除機をかけにくくなってしまいますので、床の上には最低限のものしか置かないことが整頓された部屋づくりへの近道です。


美しく保たれた部屋と、肌荒れの無い美肌の両方を手に入れて、気分よく暮らせるようにしたいですね。


(前田紀至子)

【関連記事】

・バスルームの清潔度と美肌は比例関係!? 毎日簡単にできる清潔なバスルームを作る掃除のポイント

【参考】

※—カバーマーク株式会社『お肌と生活習慣に関する意識調査』発表― – カバーマーク株式会社 – PRTIMES

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング