なんとなく避けてない?シリコンシャンプーのメリット・デメリットに迫る

LBR - Life & Beauty Report / 2014年10月31日 21時0分

写真

最近は「髪のためにもノンシリコンシャンプー派!」という女性の声を聞きますが、そもそもシリコンシャンプーって本当によくないのでしょうか? シリコンシャンプーの特性や特徴に迫ってみましょう。

■謎1:そもそもシリコンシャンプーって?

シリコンとは酸素とケイ素と有機基からなる有機化合物です。シャンプーやコンディショナーなどにシリコンを配合することで、すすぎの際の髪の感触を良くしたり、洗い上がった髪をサラサラにする働きがあります。また、ブラシで梳かすときに髪同士の摩擦を抑えたり、まとまりやすくコントロールしやすい髪に仕上げることができます。


■謎2:シリコンって体に悪いの?

シリコンと聞くと、なんとなく「体によくないのかな?」と想像してしまいがちですが、実はシリコンの成分は胃薬や軟膏にも使われているほどで、基本的には体に害はないそうです。しかしながら、シリコンは髪のまとまりをよくする分、髪のボリュームを抑えるので、髪をふわっとさせたい場合には適していません。また、シリコンは保湿性の油分でもありますので、皮膚が敏感で頭皮が痒くなりやすい人や頭皮の油分が多くて悩んでいるという場合も、シリコン入りシャンプーは避けた方がいいかもしれません。


■ノンシリコンとシリコンの使い分けポイント

ダメージが気になる場合は、シリコンを使うことでキューティクルの亀裂をシリコンが集中的に補修し、切れ毛による抜け毛を防ぐことができます。しかしながら、髪のダメージが無い人にとってはシリコンの成分は余計と言えるかもしれません。また、ペタンコ髪が悩みの人も、シリコンで髪をまとめる必要がないので、ノンシリコンシャンプーがおすすめ。高らかに「ノンシリコン」を謳っているものもシリコン以外の油性コーティング剤を配合しているものがほとんどですので、自分の髪質に合ったシャンプーを冷静に選ぶことが重要です。


シリコン入りシャンプーは、実は髪にとってマイナス点が少ないというのが事実のよう。シリコンにばかり過剰に反応せず、それ以外の成分にも目を向けてみることが大切なのかもしれませんね。


(前田紀至子)

【関連記事】

・パサパサ髪が美人偏差値を下げる!「トリートメントに頼らずに」髪質改善する方法

【参考】

※知ってた?シリコンの真実 – パンテーン

※ヘアケア製品の選び方 – へアサイト – 花王株式会社

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング