「飲む点滴」で夏の疲れを癒して憧れの色白美人に!

LBR - Life & Beauty Report / 2014年9月29日 22時30分

写真

みなさん「飲む点滴」ってご存知ですか? 「飲む点滴」とは、ずばり「甘酒」のこと。昔から栄養ドリンクとして親しまれてきた「甘酒」。その、健康&美肌効果は点滴並み。夏の疲れがどっと押し寄せる秋にこそ飲みたい、「甘酒」の魅力に迫ります。

■「飲む点滴」甘酒の健康&美肌効果とは?

そもそも、甘酒には酒粕を使って作るものと、米麹を使って作るものの2種類があります。今回は米麹で作る甘酒の美容効果をご紹介したいと思います。甘酒には20%以上のブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビオチンなどのビタミン類、アミノ酸、オリゴ糖などが豊富に含まれています。必須アミノ酸は9種類すべて含まれているので、体力増強に役立ったり、ビタミンB1をはじめ、ビタミンB群が豊富なので疲労回復にも効果的です。美肌効果はというと、抗酸化力が高くメラニンの生成を抑えることで有名な「コウジ酸」による美白効果や、酵素が豊富に含まれているのでエイジング効果も期待ができます。


■「甘酒」は、お砂糖代わりに使うのにも便利

米麹甘酒は、もち米(または米)、米麹、水を混ぜ発酵させて作ります。市販の甘酒は加糖されている場合があるので、手作りする人も多いようです。炊飯器で簡単に作れるので、興味のある方は、是非一度お試しを。実際に手作りをしてみると、そのまろやかな甘さに感激すること間違いなし!お砂糖を加えていないのに、甘~い甘酒ができることにきっと驚きます。この甘味は、米のでんぷんが分解されてできたブドウ糖だそうです。そのまま飲むのもおいしい「甘酒」ですが、お砂糖やシロップ感覚で様々な料理に活用すると飽きずに摂れそうですね。


〈甘酒活用法〉

◆煮物を作るとき、お砂糖代わりに使う。

◆フルーツヨーグルトにかける。

その他、野菜ジュースに甘味を足したいときや、プリンやパンケーキなどスイーツを作るときなどなど、いつものメニューのお砂糖を甘酒に代えるだけと簡単なので、そのまま飲むのに飽きたらアレンジも楽しんでみてくださいね。


(LBR編集部)

【関連記事】

・飲む点滴!? 美肌になりたいなら絶対に「酒粕」を摂るべき理由

【参考】

※大関レシピ – 大関株式会社

※ピテラの発見 – SK-Ⅱ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

トピックスRSS

ランキング